« 恒例行事の高円寺阿波踊り、2018年も桟敷席で観覧 | トップページ | ファーストレード証券(Firstrade)、ついに株式取引手数料が無料に »

2018.08.30

山形の秘湯・姥湯温泉と峠の力餅

Masugataya01

Masugataya04

Masugataya06

去る8月3日、私は青春18きっぷで行く上越の旅の帰途、米沢発13時8分の福島行き普通列車に乗り込むところで、峠駅で途中下車することを友人から勧められた。
この駅からアクセスできる秘境の温泉地、姥湯温泉というところが良いらしいのだ。
ところが、少し調べた限りでは、姥湯温泉に行くには車が必要で、歩いて行くとなると、片道3時間ほどのトレッキングになりそうだった。
また、力餅を食べるためだけに、峠の茶屋へ行くとしたら、後続の列車は、18時1分発の福島行きなので、およそ5時間も時間を潰すようなところがあるかわからなかった。
このときは、姥湯温泉へ行くのを諦めたのだが、そこへ行く機会は意外なところから訪れた。

それが先日の福島・山形の旅で、今年の夏のあまりの暑さに、私は涼を求めて旅をしていた。
当初の予定では8月22日に福島の飯坂温泉に泊まる予定だったのだが、オフ会を予定していた旅友の都合が悪くなって、急遽浮上したのが姥湯温泉行きで、幸いなことに、姥湯温泉 桝形屋には、私が泊ろうとした22日に直前でも空室があり、そのまま予約をし直すことにしたのだ。
かくして、姥湯温泉行きは実現することになった。
もちろん、駅から宿まで片道3時間のトレッキングをするつもりはないので、無料送迎をお願いした。
福島から乗り込んだ米沢行きの普通列車が峠駅に到着したのは16時33分、この駅の停車時間は1分もないはずだが、峠の力餅の売り子の姿が見える。
どうやって売るのだろうと思う間もなく、列車が出発すると、彼の姿もホームから消え、代わりに宿のスタッフの声がする。
力餅の方は、明日にでもゆっくりと買えるだろうと思い、私は車に乗り込んだ。

Masugataya09

Toge_station01

Toge_station03

峠駅から宿まで車で約30分、私は車窓の景色を真剣に見ていた。
帰りは3時間かけて歩こうと思っていたので、どのくらい道が険しいか、下りだけで楽なのか、見定めていたのだ。
ところが、いつまでたっても宿に着かないので、私は歩くのを諦め始めていた。
途中、川が見えるところがあって、そこで遊べるかと思案したりもしたが、かなり難しそうな感じだった。
宿にチェックインしたのは午後5時過ぎ、夕食が6時からだというので、慌てて露天風呂に入りに行った。
友人に勧められるままに、何の予備知識もなくここへ来た私だが、露天風呂が混浴だとは思わなかった。
もっとも、私の数少ない経験でも、こういうところに妙齢の女性が無防備で入浴していることはなく、男性の入浴者もいなかったことから、ほぼ貸切の状態で入ることができた。

食事は、特別料理の米沢牛ステーキ(3,980円)を注文したこともあって、全部食べきれないほどの量があった。
夕食が終わると、再度露天風呂に入り、テレビを見ながら部屋飲みをし、持参した「爆買いされる日本の領土」という本を読む。
この宿はNTTドコモ以外の携帯会社の電波が届きにくいので、インターネットからしばし離れた世界にいなければならない。
そして、肝心の部屋飲みなのだが、ビールは宿の自販機で売っているものの、おつまみを福島駅で買ってくるのを忘れてしまった。
これだけは失敗だったが、酷暑の夏でも冷房要らず、川のせせらぎを聞きながら、和室でのんびりと過ごすことができる秘境の温泉宿は非常に気持ちが良かった。

翌朝、私は3時間かけて峠駅まで歩こうなどという殊勝な心掛けはどこへやら、天気予報ではこの日も暑くなりそうな中で、山道を歩くのはトレッキングに慣れた人でないと酷だと忠告されたことで、車で駅まで送ってもらうことにした。
まして、山の途中に休憩するところがないのだから、なおさらだった。
従って、駅の近くにある峠の茶屋で休憩する時間はないものの、列車が到着する時間に合わせて売り子が駅に来るとのことだった。
そして、首尾良く力餅をゲット、ついでに写真も撮らせていただいた。
これにて懸案の姥湯温泉行きは実現し、峠の力餅も買うことができたので、良しとしたい。
来年以降、ここへ再訪する機会があれば、峠の茶屋へ寄ることも検討したいと思う。

|

« 恒例行事の高円寺阿波踊り、2018年も桟敷席で観覧 | トップページ | ファーストレード証券(Firstrade)、ついに株式取引手数料が無料に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形の秘湯・姥湯温泉と峠の力餅:

« 恒例行事の高円寺阿波踊り、2018年も桟敷席で観覧 | トップページ | ファーストレード証券(Firstrade)、ついに株式取引手数料が無料に »