« ボリビアではWi-Fiよりも現地SIMカードの入手がお勧め | トップページ | ウユニ塩湖(Salar de Uyuni)で鏡張りの絶景を見た »

2018.04.16

2018年9月の旅行はブータンへ

Haneda06

2018年1月12日付で掲載した「4年ぶりの海外発券、只今、東京トランジット中」というコラムで、私は「エクスペディア(Expedia)というオンライン旅行サイトを使って最初の出発地をバンコクにして、東京経由、北米行きの往復チケットを購入した。<参考:海外発券の履歴(PDF)>」と書いた。
つまり、先月のアメリカ・メキシコ・ボリビア旅行を終えて、私は日本にいるのだが、現時点でチケット上は再度の東京トランジット中なのである。
要するに、最後の東京-バンコクの区間を残しているからで、当初はこのチケットをゴールデンウイークの初日にぶつけていたのだが、仕事の関係で日程調整がつかずに、この時期に長期旅行することができなくなってしまったのだ。

それゆえ、これをいつに動かそうかと考えた結果、二宮さんが主催するアマゾニアンと行くブータンツアー!(9月21日~24日)(現地旅行社:ドゥルック・サクラ・ツアーズ)に参加することにし、変更手数料を払って9月の旅行にバンコク行きのチケットを充てることにした。
問題はいつバンコク入りするかということなのだが、「VACATIONS~旅・美・食・イベント”大人の遊び場”」の海外イベントであるバリ島オフ会(9月13日)とドッキングさせるかは悩むところである。
何しろ、これに参加しようと思ったら2週間の連続休暇が必要で、私の場合は、不可能な数字ではないのだが、インドネシアの旅先をバリ島だけにするのはもったいないので、バンコクからインドネシアへの往復のルートを検討する必要がある。
ちなみに、インドネシアは最近は2年連続で渡航しているので、そろそろ別の国に行きたいという気持ちもあるのだが、さて、どうしたものだろうか。
あと、日本への帰国便をどうするかなのだが、バンコク発券を継続するか、エアーアジア(Air Asia)などのLCC(Low Cost Carrier=格安航空)で帰国するか、こちらも今後の検討課題なのだ。

|

« ボリビアではWi-Fiよりも現地SIMカードの入手がお勧め | トップページ | ウユニ塩湖(Salar de Uyuni)で鏡張りの絶景を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年9月の旅行はブータンへ:

« ボリビアではWi-Fiよりも現地SIMカードの入手がお勧め | トップページ | ウユニ塩湖(Salar de Uyuni)で鏡張りの絶景を見た »