2017.05.25

東京湾クルージングで金豚を食す会

20170512_tokyo_bay_cruise01

20170512_tokyo_bay_cruise02

去る5月12日、「東京湾クルージングで金豚を食す会」というのが開催されたので参加してみた。
主催者は4月2日の「ラバ吉(Lovers Kitchen)のお花見会」で知り合った和歌さん、昨夏のラバ吉(Lovers Kitchen)のイベント(2016年8月15日-浴衣de屋形~夏の風情を浴衣で海から満喫する「粋」なご縁を繋ぐ会~)のような貸切屋形船を使ってやるのかと思ったら、何と、クルーザーでやるイベントだった。
道理でイベントの募集人員が10名と少なかったわけだ。
ちょうどこの日は2015年11月の「大人の休日倶楽部パスで行く東北の旅」のときに青森でオフ会をしたまことさんが東京に遊びに来るというので、彼も誘って参加することにした。

募集人員が少なかったので、私たちが応募した段階で受付終了、和歌さん以外は全く面識がない人ばかりなので、どんな人が来るのか楽しみだった。
蓋を開けてみると、彼女が若き実業家ということもあって、男性は相応の年齢(それでも私たちより若そうな人がほとんど)だったが、女性は彼女と同年代と思しき、20代や30代の人が多く華やかな船内だった。
しかも、「紹介でしか購入することができない幻の金豚を、フードコーディネーターの菅原梨沙さんに調理いただきます。」と銘打たれたポークは絶品だった。
残念なのは、あまりにもボートが揺れて、撮った写真がブレブレだったことか(笑)

ところで、クルージングの方は、夜景の綺麗なところで止まって写真撮影したり、持ち込んだお酒を飲みながらおしゃべりを楽しんだ。
季節的には風が冷たく、慌てて古着屋でジャンパーを買い込むほどだったのだが、19時に勝鬨橋から出発したボートは、予定では21時過ぎに戻ることになっていたのだが、あまりにも楽しかったので、東京湾に3時間弱浮かんでいた。
こういった機会は滅多にないが、今回は偶然にも体験することができて非常に良かったと思う。
次回は隅田川花火大会(2017年7月29日)のときがいいかな~(笑)

20170512_tokyo_bay_cruise03

20170512_tokyo_bay_cruise04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.22

クリスタルキング・ディナーショー(Crystal King Dinner Show) IN 横浜

20170416_crystal_king01

20170416_crystal_king02

去る4月16日、メルパルク横浜で行われたクリスタルキング・ディナーシヨーのお誘いを受けたので、いそいそと出かけてみた。
ムッシュ吉﨑さんのコンサートを見るのは、昨年4月26日のディナーショー以来、1年ぶりのことだろうか。
今回は、ムッシュ吉﨑さんの友人であるかしこい大家の不動産投資の管理人、タンク将軍こと鈴木正浩さんに加え、フジヤマツーリストの野澤夫妻を始め、ワールドインベスターズ時代からの友人たちでテーブルを囲むことになった。
フレンチのディナーが終って、いよいよムッシュ吉崎さんのディナーショーの始まり、私たちのテーブルはステージのそばという最上級の席だ。
パワフルなムッシュの歌声が会場に響く。
北斗の拳のオープニングテーマとして有名な「愛をとりもどせ!!」を始め、定番とも言える「大都会」など、ステージの熱狂は最高潮に達する。
そこからフト目を離し、左の方を見ると、端の方のテーブルの人たちが立ち上がってノリノリで踊っている。
アンコールの拍手も響く中、ステージに再び戻ったムッシュの歌声が響く。
最高のボルテージの中でショーは幕を閉じた。
1年ぶりに聞くムッシュの歌声は相変わらずパワフルだった。
ちなみに、次回のディナーショーは9月25日だそうだ。
懐かしのオールディーズの大好きな方は是非とも・・・お問い合わせは株式会社クリスタルキングカンパニー(Crystal King Company)まで

20170416_crystal_king03

20170416_crystal_king04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.19

XEX日本橋VACATIONSオフ会

20170412_xex_nihonbashi

ちょうど1週間前の4月12日、フェイスブックの旅人コミュニティ「VACATIONS~旅・美・食・イベント”大人の遊び場”」のオフ会が「XEX日本橋」で開催された。
旅系コミュニティのオフ会はどちらかというと、お財布に優しい(!?)ところでやることが多いのだが、今回はかなりグレードアップして、高級感溢れるバーレストランで開かれた。
会費の方も飲み放題付きとはいえ、1人7,000円、まさに「大人の遊び場」に相応しい場所だった。
ピアノバーの生演奏あり、サルバトーレ・クオモ氏のイタリア料理に舌鼓を打ち、美味しいワインをいただく。
メンバーの一人が翌週に誕生日を迎えるとあって、フライングでお祝いをしたのはご愛敬、私としては投資家属性のあるメンバーもいて、なかなか楽しいパーティだった。
唯一、残念だったのは、リクエストしたセリーヌ・ディオン(Celine Dion)のTo Love You Moreを歌ってもらえなかったことだろうか。
このグループのオフ会に出るのは2月24日の「ヨパライ会」以来、二度目なのだが、私にとっては居心地のいいところなので、しばらく、ここを中心にして楽しんでいこうかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.07

ラバ吉(Lovers Kitchen)の花見酒に酔いしれた後で投資のことを考えた

20170402_hamacho_park01

20170402_hamacho_park02

去る4月2日、お世話になっているラバ吉(Lovers Kitchen)のお花見会が日本橋(東京都中央区)にある浜町公園で行われた。
今年は天候が不順で、ようやく、今日になって桜がボチボチ咲き始めたという感じで、昨日と打って変わって好天に恵まれたので、桜並木の下であらっきーシェフの作った料理に美酒を味わえるのはこの上ない幸せだった。
参加者も20名弱に上り、ブルーシートの上の料理とお酒は皆の胃袋の中へ・・・
前回、私がラバ吉のイベント「新年のごあいさつ会」に参加したときに手がけていたサンタロース投資はあえなく玉砕(笑)、気を取り直してやった別の投資案件は今のところ順調に軌道に乗っている。
いろいろセミナーに行ったり、試行錯誤を繰り返しているうちにあっという間に3か月たってしまったといったところだろうか。

ところで、この日は、花見参加者の一人が私がブログでたびたび紹介しているダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)に興味を持ってくれた。
私が2012年6月に投資を始めたときには、束の間の宴を楽しむだけのはずが、「金融セミナー講演初舞台 IN 大阪」でクローズアップされたことで、皆が興味を持ち始めたらしい。
そこで、私も久々に自分の投資案件を真剣に見直してみることにした。
この投資信託の設定は、約12年前(先月までで151か月を経過)なので、短命なものが多い日本の投資信託の中にあっては寿命が長い方かもしれない。(長いと書いて大丈夫か?)
とりあえず、本日現在の基準価額は4,388円、買付手数料が約定金額の3.24%なので、500万円(約定金額約484万円)の投資で約11,000,000口買えることになる。
これで10,000口当たりの分配金は月額100円なので、税引き前で110,000円、年額にして1,320,000円、年利にして26.4%になる。
仮に、全額が普通分配金の場合は、20.315%の源泉税が引かれるので、手取り額は年額で約1,050,000円となるが、それでも年利21%となる。

20170402_hamacho_park03

20170402_hamacho_park04

また、分配金修正なしの基準価額で見ると、ここ2年ほどは右肩下がりで来ているので、私が購入して以降、一時期、大きな含み益が出るほどのお化けファンドだったときの勢いはない。
おそらく、近いうちに分配金率の引き下げも当然あり得るだろう。
年率25%以上の配当が続くというのは、投資の常識で言うと考えられないからだ。
事実、米国の毎月配当型のETFであるCornerstone Strategic Value Fund (CLM)も、ずっと年率20%を超える配当金が支給されていたが、今年の1月から配当金率の引き下げがあった。
わずか1週間前とは違うことを書いていると怒られそうだが、花見酒に酔いしれた後はほろ苦い現実が横たわっていた。
数ある毎月分配型の投資信託の中で、私が「掃きだめに鶴」と評したダイワ米国リート・ファンドも、花が散るときがやってきたのだろうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017.03.01

VACATIONS「ヨパライ会」に行ってみた

20170224_uosan01

20170224_uosan02

去る2月24日、フェイスブックの旅人コミュニティ「VACATIONS~旅・美・食・イベント”大人の遊び場”」のオフ会である「ヨパライ会」が「魚三酒場 常盤店」で開催された。
私がこのグループに入ったきっかけは、昨年の12月に行った「旅の写真展 クロージングパーティ」(参考:2016年12月22日-豊川稲荷で商売繁盛、金運UPの願掛けを)で知り合った女性から勧められたことなのだが、当日参加してみると、意外と過去の飲み会で知り合った人が多かった。
もっとも、旅行好きの世界も広いようで狭く、こうしたオフ会にアクティブに参加しようという人は限られているので、行ってみると知り合いだらけだったということはよくあることだ。
とりあえず、紹介されて参加してみたグループのオフ会、居心地は悪くなさそうなので、次回以降もできるだけ参加していこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.07

「7つの習慣ボードゲーム」をやってみた

20170131_seven_habits_game

去る1月31日、友人の自宅に招かれて、「7つの習慣ボードゲーム(The Experience Game of the Seven Habits)」をやってみた。
誘われたときは、以前やった「キャッシュフローゲーム」の進化型なのかと思ったら、どうやらそうではないらしい。
楽しみに行ってみると、プレイヤーは私を含めて5人、銀行役が1人、銀行役の女性がルールの説明をしながら進行するという感じで、彼女以外は誰もやったことのないゲームのようだった。
ゲームをやっていくうちにわかったのだが、これは限られた時間の中で、成功するために必要な考え方を学び取り、ゴールを目指すというもので、ただ単にお金を稼げばいいというものではなかった。
上述の公式サイトにはルール説明の動画もあり、帰宅してから見返すと、こんな感じだったのかとあらためて思う。

実際のゲーム中で、人材を雇用する局面では、現実世界と同じく、高度な(影響力が高い)人材ほどコストがかかるのだが、報酬や信頼チップを多く得られるプロジェクトほど、高度な人材が必要になる。
プロジェクトを請け負った責任者(プレイヤー)が自前で人材を揃えられない場合は、他のメンバーと交渉して、そのメンバーの持っている人材の助力を乞う代わりに、プロジェクト報酬の一部を分け与える必要があるのだが、そこでWin-Winの交渉ができるかがカギになる。
そんな感じでゲームは進行するのだが、報酬の高いプロジェクトには影響力の低い人材は必要とされず、これは現実世界と同じなのかなと思った。
また、研修受講タイルは、各ステージのスタート時点で購入することができるが、これはイベントカードで不利なカードが出た時の保険になるようだ。
私は保険(研修受講タイル)を一切買わずにゲームを進めても何の問題もなかったが、実は、ステージが上がるほどヤバイカードがあるとのことだ。
結局、このときは誰もゴールできず、私もステージ条件と、ミッションステートメントカードのゴール条件は満たしたが、刃を研ぐカードが全部集められずに終わってしまった。
今回は、よくわからないままにゲームに参加したが、面白そうなので、機会があればまたやってみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.06

築地の鮨屋で朝活

20170126_tsukiji01

20170126_tsukiji02

去る1月26日、朝の6時半に築地にある某鮨店(店主の意向で店名は隠します)に集まって、出勤前の朝食会をやろうというイベントが挙行された。
主催者は、昨年11月のココファームワイン収穫祭でもご一緒した剛さん、彼の呼びかけで集まった旅系グループの人たち8名が集結した。
こういうのを俗に「朝活(始業前の朝の時間を、勉強や趣味などの活動に当てること)」と呼ぶらしいが、そういった意味では、まさに私たちがやったのは朝活だ。
朝食の時間から築地の高級店で寿司を摘み、それが終ったら場内にある喫茶店でコーヒーを嗜む。
旅の話に花が咲いていると、ほとんど仕事などする気にならない気分だが、解散後は三々五々に仕事に向かったのは、さすが日本のビジネスマン(ウーマン)たち!
私もこの日は本業の出勤日だったのだが、早起きをした上に、まったり気分に浸ったので、職場に行ってもほとんど仕事にならなかった。(笑)

ところで、私は開催当日に、自宅から電車で行って、このイベントに間に合わせることはかなり困難だった。
従って、勝手知ったるホテル奉仕会館に前泊することにした。(参考:2016年11月14日-意外と安くて便利な日本橋問屋街のホテル奉仕会館
宿泊費は、楽天トラベルの予約で4,700円だったとはいえ、おまかせコースのお寿司(3,850円)の代金や、交通費などを合わせると、軽く1万円コースだった。
「そこまでして寿司食べるなら夜に来ればいいのに!」という人もいたのだが、まあ、こういったイベントは人生の余興みたいなもの、参加してなんぼという感じだろうか。
ちなみに、ここは現金払いにしたのだが、ちょっと昨年末から新年にかけて散財が過ぎたのか、数日前に2月のクレジットカード請求額を見てビックリ!
いやはやこれから真剣に稼がないといけないかな。

20170126_tsukiji03

20170126_tsukiji04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.31

2017年河口湖大寒グルメバスツアー&投資家オフ IN 大阪

Fuji_sengen01

去る1月19日と20日に催行されたフジヤマツーリストLovers Kitchen(ラバ吉)のコラボ企画、「2017年河口湖大寒オフ~開運招福荒木シェフと行く、金運祭りに参加年に一度の大寒ツアー」に行ってきた。
もはや1月の恒例となったこの行事、今回も木・金の開催にもかかわらず、主催者の3名を除いて、総勢11名が中央観光のサロンバスに乗って河口湖へのバスツアーに参加した。

今回のツアーの目玉も昨年同様に温泉とグルメなのだが、20日に行われた北口本宮冨士浅間神社の恵毘寿社祭と、その前日に訪れた金運神社として有名な新屋山神社への参拝、そして、Lovers Kitchen(ラバ吉)のイベント参加経験者はご存じだと思うが、シェフのあらっきーの極上料理に、バスの車中及び夕食時のアルコール類、これらを含めて、団体行動中のすべての費用が込みで29,800円とリーズナブルなものだった。
何しろ、Lovers Kitchen(ラバ吉)の主催イベントは、開催の告知がされてから数日で満席になるものもあるくらいの人気ぶり、フジヤマツーリストとのコラボイベントも、主催者のホスピタリティも相俟って、次回に予定されている10月のイベントにも早々に参加表明が出るなど、リピーターがたくさん出ているほどだ。(2016年10月23日-ホスピタリティ溢れるフジヤマツーリストとLovers Kitchen(ラバ吉)のコラボツアー

ところで、北口本宮冨士浅間神社の恵毘寿社祭のときには、主として、地元の企業や個人事業主が中心になって「商売繁盛 事業繁栄」の幟を立てているのだが、今年も昨年に引き続き、私たちも加わらせていただいた。
お祓いをしてもらい、心身ともにリフレッシュした気分で引き当てたおみくじは見事な大吉、社務所でいただいたお守りなどと一緒に込められていたおみくじも大吉と中吉と、この上ない運勢だった。
その前日には、金運神社として有名な新屋山神社への参拝、野澤さんご夫妻は毎年これをやることによって運気が増したと言うのだが、私も昨年初めてやってみたところ抜群の効果だった。
新屋山神社では、財布に常時入れられるキャッシュカードタイプのお守り(1,500円)を購入、これを財布のカード入れの最前列に置いたところ、まさにお金が自分のところに吸い寄せられるように金運が増したのだ。
しかしながら、二匹目のどじょうを狙った今年は、昨年ほど強烈な勝ち運に恵まれることはなく、今後の運勢の好転に期待したいところだ。

そして、今回は私だけ恵毘寿社祭が終わったところで離団、その後は大阪に移動して投資家仲間とのオフに勤しんだ。
20日の夜は移動の疲れをものともせず、関西地区の投資家仲間とのオフ、翌21日は弟夫妻との懇談も兼ねて神戸へ、夜は、何と東京から出張ってきたワールドインベスターズ仲間のエマージングさんと、ジャンク債さんの3人でディープな大阪グルメツアーを楽しんだ。(2017年河口湖大寒オフ&投資家オフ IN 大阪
結局、この4日間、資産が増えることはなかったが、体重だけは増えてしまったような感じだ。(苦笑)
帰京したら粗食で我慢して、少しは財布と体調の維持管理をしないといけなくなってしまった大寒オフ後の大阪行きとなってしまった。
さあ、気分を変えてこれから頑張って稼ごう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.30

2017年新春越境大新年会

20170117_del_sole

ここ2か月は飲み会三昧のような感じもするが(笑)、去る17日に六本木のバール・デルソーレというイタリアンレストランで「2017年新春越境大新年会」が行われた。
今回も昨年10月の定期交流会に引き続いて、知った顔が多そうだったったので、参加してみることにした。
もちろん、このときに新しく知り合った人も何人かいて、太陽光発電の会社にお勤めの方、産婦人科医の女性、中小企業診断士の方など多士済々だった。
そして、昨年7月の宮古島ツアーでお会いして、久々の出会いとなったライフコンサルタントの麗美ねぇさん、彼女のブログを読んでみると、趣旨は自由人を目指して生きようみたいな感じにも思える。
私は彼女のことをあまり詳しく存じ上げないのだが、ひょっとすると、私と相通じるものがあるのかな~
そんな感じで今年も越境会との関りが始まったのだが、石田さんが早くも熱心に勧誘してきたツアーが、「越境会4周年記念大会@世界遺産”知床”(2017年7月1日から3日)」、これまた知床は観光にはいい季節に突入するのだ。
知床と言えば、私は昨年、大人の休日倶楽部パスで行く北海道・東北の旅で行ったところ、同じ時期なら現地集合、現地解散を選ぶことになるだろう。
とりあえず、昨年7月同様、このツアーに行くなら観光+イベントで考えてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.16

銀座の「寿司さいしょ」で密会

20170111_saisho01

20170111_saisho02

昨年の年末から投資が好調なことから、秘密の投資仲間で祝勝会(早い!)をやろうということになり、去る11日に、銀座にある「寿司さいしょ」で新年会が行われた。
出された料理が、鼻息の荒い幹事の意向で「特選おまかせ『極み』コース(13,000円)」、私がここに来るのは2回目なのだが、偶然にも初回は、2016年5月の香港・マカオ旅行の直前、そして、今回は先週行ってきたばかりの香港・マカオ弾丸旅行の翌日と、なぜか香港とセットになる「さいしょ」詣、確かに幹事の方が御贔屓にしているだけあって美味しいのだが、投資で稼げているときでないと来れないのも事実だ。
それでも10数席のカウンター席などはいつも満杯らしく、「祭り」と称するサービス期間中は1万円以上するコースなのに、瞬殺で席が埋まってしまうほどの人気ぶり。
お金というのは運気が高いところに集まるから、こういう店が流行るのだろうと改めて思う。
新年早々、高揚感が漂っている飲み会の連続で良いスタートが切れたと思うが、このまま1年続けばいいなと思う今日この頃である。

20170111_saisho03

20170111_saisho04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧