2019.02.05

ココログ(cocolog)からWordPressへブログの引っ越し大作戦(本コーナーのコラム休止のお知らせ)

Female04

弊サイトの再構築の一環として、ブログもココログ(cocolog)で管理している本ブログをWordPressで作成するブログ「旅人系投資家 カルロス・ハッサンの地球探訪」へ移管することを決断した。

私がさくらインターネットでウェブサイト「カルロス・ハッサンの平成旅日記」を管理していることもあって、そこでWordPressをインストールすれば、無料でブログが作成できるので、サーバも一緒にすることにした。

ところが、ココログでの運営年数が14年近くに及び、記事数も1,100を超えると、移管してからの作業が大変なのだ。
いろいろな先例記事を参考にさせていただいたが、ココログ側の画像をサムネイルにしていることが祟って、結局は膨大な手作業をするハメになりそうだ。
まずは、2019年になってからの記事だけ整備したので、正式に公開し、あとの残りは暇を見て徐々に整備していこうかと考えている。

そうなると、メインサイトは旅行記が主体となるのだが、旅行記についてもブログで執筆しようかと考えていて、ウェブサイトを完全にアーカイブ化するか、私の友人のとんびさんのように、旅行記はブログとウェブサイトの二本立てでいくかは思案のしどころと言えよう。(2018年12月31日-平成時代最後の年末にウェブサイトのタイトルを変えてみた

とりあえず、今回の移管作業の次第を以下に書いたので、ココログのブログ管理者は参考にしていただければ幸いに思う。

さくらインターネット側の作業

1.初期ドメイン名(〇〇〇.sakura.ne.jp)でサーバコントロールパネルにログインする。

2.WordPressをインストールするフォルダを作成する。作成する場所は、サーバ上のアドレス「/home/〇〇〇(アカウント)/www」の直下にし、「運用に便利なツール」→「ファイルマネージャー」から「表示アドレスへの操作」→「フォルダ作成」で任意の英数字で作成する。

3.データベースの設定へアクセスし、データベースの新規作成を行う。

4.データベースができたら、クイックインストールを開き、カテゴリメニューから「ブログ」→「WordPress」を選択し、インストールする。このときに指定するインストール先のフォルダと、データベースがそれぞれ2と3で作成した場所となる。

私は、このときに、.htaccess(ドットHTアクセス)ファイルを使って、初期アカウント(https://carlos.sakura.ne.jp/)にアクセスしていた訪問者を、すべて独自ドメイン(https://carlos-travelweb.com/)へ自動的に流すような設定にしていたので、そのファイルを外して、初期アカウントのトップページだけリフレッシュタグを入れたページを設置した。(.htaccessファイルの除外設定は何度やってもうまくいかなかった・・・泣)

そのため、ココログの文中に貼ってある初期アカウント(https://carlos.sakura.ne.jp/△△△~)へのリンクURLを、すべて独自ドメイン(https://carlos-travelweb.com/△△△~)に置換しなければならなかった。

ココログ側の作業

1.@niftyココログ管理ページにログインする。

2.「ブログ」タブをクリンク、該当のブログを選択し、「読み込み/書き出し」を選択する。

3.「書き出し」から「書き出し(IPv4のみ)」を選択し、右クリックメニューから「名前を付けてリンク先を保存」を選択する。このときのファイル名は「mt-export.txt」とした方がいい。

WordPress側の作業

1.WordPressのダッシュボードにログインする。さくらインターネットのサーバコントロールパネルからの場合は、クイックインストール画面の「インストール済み一覧」に管理画面URLがある。

2.ダッシュボードの左サイドバーの「ツール」→「インポート」→「Movable Type と TypePad」からインポーターの実行を選択する。

3.ココログからダウンロードしたファイル容量が5MB以下であれば、自分のパソコンに保存した「mt-export.txt」ファイルをそのままアップロードできる。私のように5MB以上あった場合や、予期せぬエラーメッセージが出たときは、ファイルマネージャーかFTPソフトを使って、先ほど保存した「mt-export.txt」ファイルを、WordPressをインストールしたフォルダの直下にある「wp-content」フォルダにアップロードしてからインポートを実行する

4.ブログを独自ドメインで運用する人は、ダッシュボードの「設定」→「一般」から「WordPress アドレス (URL)」と、「サイトアドレス (URL)」を初期ドメインから独自ドメインのURLに変更する。

これで一連の作業は終わりになるのだが、実はこれだけではココログを閉鎖したときに画像がすべて消えてしまう(画像URLのリンク先がココログのフォルダのため)ので、それも移管しないとならない。
私の場合は、メインサイトでも同じコラムを掲載していたのが幸いして、そこで使っていた画像をそのままコピーすれば済むのだが、それでも付随する手作業は膨大な量になることが予想されている。
もっと、楽な方法があればいいのだが・・・

ちなみに、ココログで執筆していたブログの移管に伴って、メインサイトで掲載していたコラムも休止することになるので、併せてお知らせしたい。
メインサイトのコラムをココログと併用していたのは、無料ウェブスペースは運営企業側の都合でなくなる可能性があるのと(参考:2016年1月13日-@homepage サービス終了のお知らせ)、突然ブログが閉鎖された”なでしこりんさん”のことを知ったからだ。(2015年7月20日-保守系政治ブロガー”なでしこりん”さんの復活に思うこと

今後はココログでは記事の更新をする予定はないので、過去ログも新規のウェブサイトが整備されるまでの限定公開にするつもりだ。
2005年4月から15年近くにわたってご愛顧いただいた皆様に感謝するとともに、今後は新規のブログ「旅人系投資家 カルロス・ハッサンの地球探訪」をご訪問いただければ幸いに思う。

|

2019.01.15

さくらインターネットのサーバは国外IPアドレスフィルタがデフォルトで有効になっている

201901_sakura_cp01

201901_sakura_cp02

今年になってから自分のウェブサイトを独自ドメインで運営することにしたので、さくらインターネットのサーバコントロールパネルにアクセスすることが増えてきた。
そうなると、今まで知らなかったことがいろいろ出てくる。(笑)
その一つが、国外IPアドレスフィルタで、これがデフォルトで有効になっているのだ。

最初、これを見たときは、何のために英語のページを苦労して作っているのかわからない、と憤りを感じたものだ。
そもそも、数少ないとはいえ、英語のページは、当然ながら、外国からのアクセスを意識して作っているからだ。
2016年7月30日に、さくらインターネットのサーバに移転してきたので、足掛け3年も、そうなっていたのかと思ったのだ。

ところが、「さくらのサポート情報-国外IPアドレスフィルタ」を読むと、主として、WordPressの管理画面ディレクトリと、各種CGI管理画面ログインといったものに対してアクセス制限がかかるのであって、一般の訪問者がウェブサイトを見に来るのには何の不都合もないことがわかったので、私は何もしないことにした。

とりあえず、海外駐在員や留学生、ロングステイヤー、ノマドワーカーなど海外生活をおくっている方は、WordPressで作成したブログを更新する必要があると思うので、上の画像のとおり、出国前にサーバコントロールパネルの国外IPアドレスフィルタを無効にしておいた方がいいだろう。
そうしないと、海外滞在先で慌てふためくことになるかもしれないからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.13

さくらインターネットで運営のウェブサイトを独自ドメインで運用開始

Vj939_09

遅まきながら私も自分のウェブサイトの独自ドメイン(carlos-travelweb.com)を取ることにした。
表題は「カルロス・ハッサンの平成旅日記」と、今年のゴールデンウイークで更新が終わりになるかと予想されるような感じだが、立ち上げから20年近くも運営してきたので、ここまできたら更新するしないは別として、自分史を残すつもりでやりたいと思っている。

さて、さくらインターネットの初期ドメイン(carlos.sakura.ne.jp)で運用していた弊サイトを、独自ドメイン(carlos-travelweb.com)を取って運営するのは、自分が思っていたよりもはるかに簡単だった
これだったら、少なくとも昨年の9月に常時SSL化をするときに合わせてやれば良かったと思った。(2018年9月11日-さくらインターネットの共有SSLでウェブサイトの常時SSL化を実現

まずは、ドメインの取得、これは慣れている人なら最も安いところで取るのだろうが、私の場合は、さくらのドメインで取ることにした。
ここでは、価格が安くて、覚えやすいものということで、carlos-travelweb.com、最初は違うものにしようかと思ったのだが、旅行記ということを強調したかったので、これにすることにした。

ドメインが取得できたらメールで連絡が来るので、「【詳細設定】 マルチドメインを利用」に沿って設定をすればいい。
通常は、レンタルサーバへの設定か、さくらのブログへ設定のどちらかになるだろう。

ここで、前提条件・設定例にある「追加ドメインのフォルダ」というのは、サーバー上のアドレス「/home/〇〇〇(アカウント)/www」の直下に作成する任意の英数字のフォルダで、ここに独自ドメインで運用するウェブサイト用のデータをすべて格納することになる。

つまり、私のように、初期ドメイン(〇〇〇.sakura.ne.jp)でのみ運用していた人は、サーバー上のアドレス「/home/〇〇〇(アカウント)/www」の直下にすべてのデータファイルがある。
それをサーバコントロールパネルにある「ファイルマネージャー」を使って、新しく作ったフォルダ(wwwの直下)にすべて移管しないといけないが、この作業は、わずか数分で終わるものだ。

もちろん、ドメインを一つしか利用しないのであれば、データファイルを移管しなくてもいいが、このままにしておくと、独自ドメインのURLにアクセスしても、自動的に初期ドメインのURLが表示されることになる。(【独自ドメイン】 さくらのレンタルサーバでの利用に関するよくある質問集-初期ドメインと独自ドメインで同じホームページが表示されます

すべての設定が終わり、少し時間が経つと(最大で48時間)、独自ドメインでウェブサイトが表示されることになる。
このとき、サーバコントロールパネルで「SNI SSLを利用する」という設定をしておけば、ウェブサイトの常時SSL化もほぼ同時に完了する。

最後に、検索エンジン(GoogleやYahoo!)のロボットも含めて、今まで初期ドメインでアクセスしてくれた人を、独自ドメインの方へ誘導しないといけないが、そこは単純に、「.htaccessによるアクセス制御-初期ドメインにアクセスがあった場合独自ドメインへリダイレクトさせたい」を使えばいい。
.htaccess(ドットHTアクセス)ファイルができたら、これだけは、「/home/〇〇〇(アカウント)/www」の直下、つまり、新しく作ったフォルダの中でなく、元の場所に置けば完了だ。

*************************************************

.htaccess(ドットHTアクセス)ファイル
(初期ドメインにアクセスがあった場合独自ドメインへリダイレクトさせたい)

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.)?[^.]+\.sakura\.ne\.jp$ [NC]
RewriteRule .* https://carlos-travelweb.com%{REQUEST_URI} [R=301,L]

*************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.12

Yahoo!カテゴリー終了で個人ウェブサイト時代も終焉か

20180329_yahoo_category

かつて、個人のウェブサイト(ホームページ)が華やかなりし頃、日本で最も有力な検索エンジンであったYahoo!カテゴリーに登録されることは大きなステータスであり、そこを経由した訪問者が数多く見込めるツールだった。

2001年12月4日に開設した私のウェブサイトが、2004年2月19日にYahoo!カテゴリーの「海外旅行記」に登録されたときは、これで一流の個人ウェブ仲間になれると喜んだものだ。(2004年2月20日-ついにYahoo Japanのカテゴリーに登録される

実際のところ、これを契機にリーマンショック前までは、ウェブ広告会社のオファーが来たり、リンクの交換以来が海外からも来たりと相当に華やかな時代を過ごさせていただいたものだ。

それから15年弱、久しぶりに私のウェブサイトの登録がどうなっているのか確認しようとしたら、2018年3月29日で、Yahoo!カテゴリーのサービスは終了したとあった。(2017年6月29日 ヤフー株式会社プレスリリース-「Yahoo!カテゴリ」サービス終了について

そう、私が年末に書いたように、このことをもっても個人の運営するウェブサイトの時代は、終焉を迎えたと言ってもいいだろう。
今や、スマートフォンでアクセスできないウェブサイトは恐竜みたいなものなのだ。(2018年12月31日-平成時代最後の年末にウェブサイトのタイトルを変えてみた

最後に自分の歴史を刻む意味で、2017年1月16日付(最新)のYahoo!カテゴリーのアーカイブのことを書いておこうと思う。
このリストは、当時の人気サイト順で、私のウェブサイト「Carlos Hassan's Column and Favorite(Be Into Travel)」は35位だった。
ちなみに、私のウェブサイト繋がりの友達も何人か健在だが、あと10年したら、この中の何人が残っているのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019.01.10

フェイスブックをやり始めて8年、GAFAの行方はどうなるか

Facebook_image

昨日、フェイスブックを開いていたら、7年前に投稿した写真が出てきた。
これは、「思い出(過去のこの日)」という機能で、自動的に上がってくるようになっているのだが、過去の同じ日に投稿した記事でフェイスブックのアルゴリズムにより検出されたものが出てくるようになっている。

このときは、2011年の年末から2012年の年始にかけて行った香港・シンガポール・タイ旅行から帰国した直後にアップした写真が出てきた。
懐かしいなと思いながら、私がいつからフェイスブックをやり始めたのか、アクティビティログを追ってみた。

すると、最初の投稿は、2011年1月15日の「未だに自宅で闘病中。NYで風邪引いて肺炎になった。なんて旅行だ今回は」というものだった。(笑)
このときは、2010年の年末から2011年の年始にかけて行ったアメリカ・メキシコ・グアテマラ旅行の帰国直後で死線を彷徨っていたときだった。(2011年1月14日-死線を乗り越えて

そのときからちょうど8年、最初の2年間はパソコンでしか記事や写真を投稿していなかったものが、2012年11月のタイ旅行のときにiPhoneを初めて買ってからは、次第にモバイル経由のリアルタイム投稿が増えていく。
つまり、アメリカの株式市場を牽引するGAFA(グーグルアップルフェイスブックアマゾン)のサービスのうち、3つは確実に使っているし、厳密に言うと、アマゾンは弊サイトでもアフィリエイトを入れているから全部使っているのだ。

株式投資ではよく言われることだが、こうして使っていて便利だと思うサービスの株を買えばいいと・・・(2011年1月22日-もしフェイスブック(Facebook)株が上場したら
ただ、これらの株は、1株当たりの株価が高くなりすぎているし、今は米国市場も不安定だから買いづらい。
おまけに、フェイスブックとアップルは今後の成長性に黄色信号が灯るようなニュースが相次いで配信された。(2019年1月6日 日経新聞-「個人データ共有」膨張 フェイスブックは150社と 2019年1月9日 日経新聞-アップル、iPhone生産10%下方修正

それなら、米国市場が今の不安定な時期を過ぎたら何に投資すればいいのか。
GAFAはいずれもナスダック(NASDAQ)銘柄だった。
どうせ次の成長株は何なのかわからないなら、初級者はInvesco QQQ Trust (QQQ)(ナスダック100指数のETF)に投資すればいい。
これなら日本の証券会社の米国株口座でも投資できるから大丈夫だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.11

さくらインターネットの共有SSLでウェブサイトの常時SSL化を実現

ほとんどの個人ブロガーが、個人情報を扱わなければ関係ないと思っていたSSL (Secure Socket Layer)と呼ばれる暗号化通信のツール、これがすべてのウェブサイト管理者にとって必須となる時代がやってきた。
去る7月24日(米国時間)にリリースされたGoogle Chromeのバージョン68では、HTTPで始まる(通信が暗号化されていない)すべてのウェブサイトについて、ウェブアドレスの左側に「保護されていない通信」と表示されるようになったからだ。(2018年7月25日 CNET Japan-「Chrome 68」公開、HTTPサイトに「保護されていません」の警告を開始
これが、近日中にリリース予定のバージョン70では、ラベルが赤で警告表示されるようになるという。
一般の個人ブロガーなら、あまり関係ないと言う人も多いかもしれないが、今後、SSL化されていないウェブサイトの検索順位が下がる可能性は大いにあるだろう。

そこで、私はレンタルサーバーを契約しているさくらインターネットに問い合わせると、共有SSL(無料)を導入することによって、SSL対応(暗号化通信)が可能との回答をもらったので、さっそく設定することにした。(さくらのレンタルサーバでのSSL利用-独自SSLは独自ドメインを取得しないと利用できない)
ところが、ここで大きな問題が生じた。
私のSSL化以前のURLは、http://www.carlos.sakura.ne.jp/で、このまま共有SSLを導入しても、Google Chromeでは警告表示が出てしまうと書かれている。
実際に設定してみると、ウェブアドレスの左側に警告が表示されるだけでなく、ウェブページにアクセスする前に警告が出るので、ほとんどの人が私のウェブサイトを訪問しないという事態に陥ってしまうことがわかった。

幸いにして、SSL化した後の新URLは、wwwを除いたhttps://carlos.sakura.ne.jp/になるので、リダイレクトさせれば大丈夫だった。
問題は、httpからhttpsへのリダイレクトと、wwwの有無を統一させることをダブルでやらないといけないことだった。
さくらインターネットのカスタマーサービスからは、httpからhttpsへのリダイレクトの方法は教示されていたが(暗号化(SSL)を有効としている場合、暗号化しているページへ誘導したい)、wwwを除く方法と併用するのは、ITの専門家でない私にとって至難の業だった。
いろいろインターネット情報を検索して試行錯誤すること数時間、ようやく見つけたのが、遠藤誠氏の「m630.net」というブログの記事「httpからhttpsへリダイレクトしてwwwありなしを統一する(2016年12月12日)」だった。
彼の記事を参考にして、.htaccess(ドットHTアクセス)ファイルを作成し、サーバーにアップロードすると、無事にリダイレクトされ、「保護されていない通信」という表示が消えた。
下がファイル内の記述だが、これでメインサイトの常時SSL化は完了、ブログの方は@niftyの発表待ちといったところだろうか。
ちなみに、トップページのウェブアドレスの左側のアイコンをクリックすると、「このサイトへの接続は完全には保護されていません」となるが、個別のページに行くと「この接続は保護されています」になるところもある。
何が違うのかカスタマーサービスに尋ねたら、常時SSL化されていないウェブサイトにリンクを貼ると「このサイトへの接続は完全には保護されていません」になるとのことだ。
私はこのブログがSSL化されていないので、当分の間は、そうなるだろう。

**************************************************

.htaccess(ドットHTアクセス)ファイル
(httpからhttpsへリダイレクトしてwwwありなしを統一する)


RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://carlos.sakura.ne.jp/$1 [R=301,L]
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www.carlos.sakura.ne.jp/)(:80)?
RewriteRule ^(.*) https://carlos.sakura.ne.jp/$1 [R=301,L]

***************************************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.06.16

Windows 10 Updateによりフォトショップ(Adobe Photoshop)が動かない場合の対処法

Photoshop14

私の場合、Windows 10のアップデート(Update)が自動的に行われることになっているせいか、遅ればせながら、つい先日になって、Windows 10 April 2018 Update(ウィンドウズ1803アップデート)が行われて、システムを再起動せよとのメッセージが出た。
それは無事に終わったのだが、今日になってブログを更新しようと、アドビ・フォトショップ・エレメンツ(Adobe Photoshop Elements)を起動したら、写真を編集しようと思っても、「保存できません。メモリ(RAM)が足りません。」などというメッセージが出て、機能しなくなった。
とりあえず、メモリが不足しているのかと、いろいろな常駐ソフト(アプリ)を削除したりしたが、 全く埒が明かない。
そこで、パソコンソフトの不具合が出た場合の古典的手段である、ソフト(アプリ)のアンインストールと再インストールをしても状況は変わらない。
いや~何か変なウイルスソフトに感染したか、これはパソコンショップに持ち込みかと思ったのだが、再度エラーメッセージを入れて検索してみることにした。

すると解決策はすぐに見つかった。
2018年5月9日付の「いのっすブログ-Windowsアップデートでフォトショップエレメンツに不具合が出た場合の対処法」だ。
おおお、素晴らしい~対処方法もバッチリ載ってるではないか、とさっそく私も試してみた。
彼のブログのとおり、やれば元通りにソフト(アプリ)は動くようになる。
一つだけ補足すれば、自分のパソコンのメモリ数を調べるには、「設定」-「システム」-「バージョン情報」からデバイスの仕様の中の実装RAMのところの数値を見ればいい。
システムの種類のところで、32ビットなのか、64ビットなのかも確認できるので、念のため・・・
ちなみに、これ以外にもアップデートで不具合は結構あるようで、2018年5月21日付のやじうまの杜「『Windows 10 April 2018 Update』で見つかった不具合のまとめ」もあるので、参考にするといいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.26

第4世代のiPadを第6世代(Wi-Fi + Cellularモデル)に買い替え

Ipad_6

2013年6月に買った第4世代のiPad、当時は海外旅行のために持っていたミニノートの代替として購入を決断したものだった。(2013年6月18日-iPhone5とiPad(Wi-Fi + Cellularモデル)を買ってみた
ところが、最近の海外旅行では、厚さが9.4ミリ、重量が662グラムのものさえ持参するのが億劫になってきて、移動時間や空港の待ち時間が長いことが予想されるときにしか持っていかないようになっていた。
理由は、持参する電子機器類が多くなり、それに付随する充電器も加わって、持っていく荷物から何を省くかのトップにくるのがiPadになっていたからだ。
そうかと言って、普段持ち歩くかというと、嵩張るし、重たいので、これまた自宅で埃を被る結果となっていた。

ところが、海外旅行中に読もうとiPadに取り込んだ電子書籍が溜まり始め、これは隙間時間を有効利用するしかないと思い始めた。
ついでに、手書きメモで書き留めていた旅行記の下書きを電子版にして、いつでもウェブサイトの原稿に展開できるようにするにはiPadにインストールされているWordを使うのがいいだろうと考えた。
そこで、どうせならほかのこともiPadでやろうと思い、通信環境をどうしようかと考えたときに、ネックになったのが、昨年の8月にPocket WiFi LTE GL02PSoftbank Airに変えていたことだ。(2017年9月2日-自宅のWi-FiをSoftbank Airに
つまり、5年前に買ったiPadは、ソフトバンクのSIMを解約した後は、Wi-Fi環境下のみで使っていたので、手持ちのiPhone 6をテザリング(tethering)しないと外出先ではほとんど通信できないのだ。(参考:2015年8月4日-iPhone 6でauのテザリング(tethering)を使ってみた
しかし、このテザリング(tethering)を多用すると、充電池の減り方が早くなる上、寿命自体も短くなるので、あまりよろしくない。

そこで、auショップで相談した結果、出した答えが、薄型軽量の第6世代(最新機)のiPadを購入し、タブレットプラン ds(3年契約/L)を適用することだった。
つまり、今持っているiPhone 6の契約を変更しないで、iPadに挿すSIMのデータ通信のパケット代とシェアできるプランというわけだ。
これだと、iPhoneとiPadを合わせて月々のパケット使用量が20GBまでOKなので、余程のことがなければ十分というわけだ。
それに私の場合は、機器代金を一括払いした後で、SIMロック解除の手続きをしたため、iPadに関してはSIMフリー機となっており、海外渡航先でもデータSIMを購入すれば使えるようになっている。
もっとも、今の旅行形態だと、ホテルのWi-Fiか、iPhone 5sのテザリング(tethering)で対応できるので、あまり意味はないかもしれないけどね。(参考:2015年9月28日-海外旅行用にSIMフリーiPhone 5sを購入
ところで、今後のモバイル購入計画だが、現在のiPhoneを乗り換えるときは、最新型のSIMフリー機1本でやろうかと思っている。
もはや、国内においても三大キャリアと契約しなくとも、十分に通信機能を使うことができるようになっているからだ。
そのとき、現在のauのSIMの契約をどうするかは白紙の状態だが、いずれにせよ来年の7月か8月には答えを出さざるを得ないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.05

ボリビアではWi-Fiよりも現地SIMカードの入手がお勧め

Bolivia_tigo_sim

Bolivia_tigo_tarjeta

先月行ったアメリカ・メキシコ・ボリビア旅行は、滞在地でのインターネット通信をどうするかが悩みの種だった。
今回の最大の目的地であったボリビアのウユニ(Uyuni)は、新月という絶好の観光シーズンのためか、何と南米を旅行する日本人が一堂に集まっていたのではないかと思えるほどの人口密度を誇っていたので、現地の通信事情も踏まえてコラムを書いてみたいと思う。
まずは、ボリビアに先立って訪れたアメリカとメキシコのことから述べてみたい。

アメリカは滞在日数が2泊3日であることと、空港や街中でSIMカードを入手するのが困難なことがわかっていたので、あらかじめSIMカードを日本で仕入れていくことにした。
購入したものは、T-Mobile SIM アメリカ SIMカード インターネット 5日間 高速無制限使い放題(2,690円)で、グアム、カナダ、メキシコは対象外とあったが、メキシコに入国した段階でローミングされ、プラヤ・デル・カルメン(Playa del Carmen)の滞在初日まで使うことができた。
もっとも、マイアミに滞在したのが実質1日半で、SIMカードを購入する必要があったのかと言われれば、日本の携帯電話の国際ローミング(NTT Docomoの海外パケ・ホーダイ auの海外ダブル定額 Softbankの海外パケットし放題)でも十分だったかもしれない。
(注:帰国後に調べたらT‑MOBILEツーリストプランは、米国の空港内にあるIn-Motionエンタテイメントストアで申し込みできるようだ。)

メキシコは、町中でSIMカードが買えることがわかっていたので、これまた2泊3日の滞在期間であったものの、現地のSIMカードを購入した。
プラヤ・デル・カルメン(Playa del Carmen)の町中で購入したSIMカードはTelcel、このキャリアは料金プラン(Internet Amigo)が何通りもあるので、自分の滞在日数に合わせて選ぶといいだろう。(日本語情報:2017年1月10日 natural trib-メキシコで現地SIMカード購入。おすすめの通信キャリア、料金プランは?
ちなみに、Telcelはボリビアでも国際ローミング(Viajero Internacional)できたのだが、通信環境が悪いためなのか、肝心のデータ通信ができなかったので、私にとっては何の意味もなかった。
そういった意味では、日本の携帯電話の国際ローミングも厳しいかもしれない。
なお、ボリビア旅行を終えて立ち寄ったマイアミ(米国)でも国際ローミングはできるので、そのままメキシコのSIMカードを使ってインターネットを楽しむことができた。

さて、ボリビアで合流したグループツアーのメンバーの多くは、ホテルやレストランの無料Wi-Fiの利用、あるいはイモトのWiFiを持参していたのだが、ボリビアはWi-Fi環境があったとしても速度が遅く、ホテルやレストランで思ったように通信できないことが多々あったようだ。
私は、3月10日の土曜日に、メキシコのカンクン(Cancun)からボリビアのサンタ・クルス・デ・ラ・シエラ(Santa Cruz de la Sierra)に到着したのだが、ビルビル国際空港(Aeropuerto Internacional Viru Viru)にあったEntelのブースは9時から22時までの営業で、おまけに日曜日は市内の営業所がすべて休業という徹底ぶりに、最初はSIMカードの購入を諦めていたのだが、旅の途中で立ち寄ったスクレ(Sucre)のフアナ・アスルドゥイ・デ・パディージャ空港(Aeropuerto Juana Azurduy de Padilla)でTigoのSIMを購入することができたので、以後はそれを使ってインターネットを楽しむことにした。

ボリビアの場合、EntelやTigoのマークを貼りだした店があちこちに見られるのだが、それはTarjeta(タルヘタ)と呼ばれるチャージカードの販売店であり、SIMカードは売られていないことが多い。
SIMカードはスペイン語でチップ(Chip)と呼ばれるようで、Tigoの場合は、SIMカード(チップ)の10ボリビアーノ(約150円)と1GB分のTarjeta(タルヘタ)の10ボリビアーノ(約150円)を合わせた20ボリビアーノ(約300円)が初期投資額となる。
私の場合は、動画をアップロードしたりしないので、1週間の滞在で国際通話をしなければ、初期投資額(1GB)で収まる計算をしている。
ちなみに、ウユニ塩湖のど真ん中にはTigoの電波が飛んでないので、「ウユニ塩湖なう」とリアルタイムで発信することはできなかったが、ホテルの脆弱なWi-Fi環境にいらつくことはないし、Tigoの場合は、余分にチャージカードを買っておけば、テザリング(tethering)を使って、同室のメンバーも通信をすることができる。

なお、アクティベートなどは店の人にやってもらうといいが、ここは南米、東南アジアと違ってiPhoneの言語設定を日本語のままにしておくと相手が難渋するので、できればスペイン語に変えておいたほうがいい。
iPhoneの場合は、「設定」-「一般」-「言語と地域」から「iPhoneの使用言語」をスペイン語(Español)にして、右上の「完了」をタップすれば、言語設定が日本語からスペイン語に変えられる。
元に戻すときは、「Ajustes」-「General」-「Idioma y región」から「Idioma del iPhone」を日本語(Japonés)にして、右上のOKをタップすれば戻る。
こういうところは、東南アジアの人たちは優秀なのか、言語が違ってもキーの場所で覚えているので、言語設定を英語にしてくれなどと言われたことがない。
南米の場合は、そうはいかないことが多いし、仮にデータ通信が不調でもスペイン語でメッセージが流れれば対処してくれるので、その方がいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.11

2日がかりで確定申告、e-Taxも会計ソフトのfreeeも大変なのは準備だ

弊サイトにご訪問ありがとうございます。

 

すでにお知らせしたとおり、本日分の記事は、新しいブログの方でお読みください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧