« ATM難民、商店で釣銭なし、今年のGWは日本が外国のようになるのか | トップページ | プレイバック1998年、私の英会話学習事始め »

2019.01.21

ダイヤモンド富士も見られた2019年河口湖大寒オフ

20190119_mtfuji01

20190119_mtfuji02

20190119_mtfuji03

去る1月19日と20日に催行されたフジヤマツーリストLovers Kitchen(ラバ吉)のコラボ企画、「2019年河口湖大寒オフ~荒木シェフと行く!平成時代最後の大寒金運祭りバスツアー」に行ってきた。
例年は、あらっきーシェフの極上グルメと金運神社巡りがクローズアップされるツアーなのだが、今年はダイヤモンド富士を目の前で見ることができたことが特筆されるだろう。

午後3時半過ぎ、綺麗に晴れ上がった空に輝いていた太陽が富士山頂めがけて沈み始めると、カウントダウンの始まりだ。
10分ほど経過し、私たちの周囲にいた地元の人たちの目も一斉に富士山に向けられ、一世一代のクライマックスの始まりに、今まで雑談をしていた人たちも静まりかえっている。

5分ほどであっただろうか。
太陽が富士山の向こう側に沈むと、どこからともなく拍手が起こる。
私たちがここに来るのは年に1回か2回、そのタイミングで素晴らしいダイヤモンド富士を見られたことは、今年1年の運気の上昇を感じられた瞬間でもあった。

20190119_mtfuji04

20190119_mtfuji05

20190119_mtfuji06

ちなみに、この大寒ツアーは、毎年この時期に実施されていて、私は2013年2016年2017年2018年、そして今回と参加させていただいている。
これは、北口本宮冨士浅間神社の恵毘寿社祭(1月20日)に参加することが目的なので、残念ながら土日開催は6年に1回となる。

それとフジヤマツーリストでは、10月20日の恵毘寿社祭へ行くツアーもやっているので、今年(2019年)は土日開催の可能性が高い。
大寒の時期よりは気候も良く、新屋山神社の奥宮にも参拝できるので、興味がある人はチェックしておくといいだろう。

|

« ATM難民、商店で釣銭なし、今年のGWは日本が外国のようになるのか | トップページ | プレイバック1998年、私の英会話学習事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンド富士も見られた2019年河口湖大寒オフ:

« ATM難民、商店で釣銭なし、今年のGWは日本が外国のようになるのか | トップページ | プレイバック1998年、私の英会話学習事始め »