« 中国・香港市場異変で10年ぶりにプットワラント投資を実施 | トップページ | 2018年版外国人旅行者が日本の銀行でお金を引き出す方法(Withdrawing cash from Japan's ATM with foreign banking cards in 2018) »

2018.06.25

ひらまつから配当金通知と株主優待カードが届いた

20180622_hiramatsu01

20180622_hiramatsu02

去る6月22日、ザ・ストリングス表参道で開催された株式会社ひらまつ(株価:2764)の定時株主総会に行ってみた。
私が本格的に株式投資を始めたのは21世紀になってからなのだが、株主総会というものに行ったのは今回が初めてのことだ。
今まで、日本株の場合は、議決権行使書を郵送するだけで終わらせていたし、米国株の場合は、送られてきた英文の書類を読むのが大変なので、事実上放置していたからだ。
そして、当日、陣内孝也社長や服部亮人副社長の業績報告などの後で、株主との質疑応答があり、何人か発言していた人がいたのだが、その中の一人が「何と情けない株価水準で、これ以上株主を続ける気が起きん!」と社長に詰め寄っていたが、確かに今の株価水準は年初来安値(3月26日/485円)に再接近する勢いだ。(苦笑)
それに配当金目的で持っていた小株主(!?)にとっては、3月9日に発表された配当金の引き下げはキツイ現実だと思う。

私の場合は、今年の2月に友人のイベントに誘われたのを契機に、株主優待が受け取れる最小単位の株数(100株)を投資した。(2018年2月23日-新作料理とワインの集い@ミュゼ、私も株式会社ひらまつに投資してみた
ちなみに、私が株主優待目当てで投資をするのは、遡ることおよそ10年、株式会社ゼンショーホールディングス(株価:7550)のとき以来だろうか。(2009年7月4日-ゼンショーの株主優待食事券
もっとも、投資した直後に業績の下方修正に見舞われてしまったので、私も「情けない株価水準」の犠牲者になったのだが、現時点での含み損は数千円単位なので、それほど痛みを感じるほどではない。(2018年4月25日-4回目の新作料理とワインの集い、ひらまつの株主優待は継続、配当予想は減額へ
そして、株主総会が終わって、今日、郵便ポストに配当金通知と株主優待カードが入った封書があった。
レストランなどの優待は年内有効なので、次回のイベントのときにでも使わせていただこうか。
それとも親孝行でもしてみるかな~
ただ、小次郎講師は「株主優待で株を買ってはいけない!」と書いているけどね。(サンワード貿易 Rich Life 2018年3月号

20180622_hiramatsu03

20180622_hiramatsu04

|

« 中国・香港市場異変で10年ぶりにプットワラント投資を実施 | トップページ | 2018年版外国人旅行者が日本の銀行でお金を引き出す方法(Withdrawing cash from Japan's ATM with foreign banking cards in 2018) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/66869743

この記事へのトラックバック一覧です: ひらまつから配当金通知と株主優待カードが届いた:

« 中国・香港市場異変で10年ぶりにプットワラント投資を実施 | トップページ | 2018年版外国人旅行者が日本の銀行でお金を引き出す方法(Withdrawing cash from Japan's ATM with foreign banking cards in 2018) »