« 日本の出国時に徴収される千円の国際観光旅客税はドブに捨てられるのか | トップページ | ウユニ塩湖のトリックアート(trick photography)はグループツアーの醍醐味 »

2018.05.03

カシコン銀行(Kasikorn Bank)の窓口でキャッシュカードを更新

Siam_paragon03

2018_k_debit_card

今年に入って早々に行ったタイ旅行、その目的は、旅友とのオフ会と、4月が有効期限だったカシコン銀行(Kasikorn Bank)のキャッシュカードの更新のためだった。
キャッシュカードに有効期限があるというより、付帯されているデビッドカードの有効期限なのだが、私はタイの居住者でないため、手続き書類や新しいカードが登録住所(便宜上、バンコクのサービスアパートメントにしてある)に送られてきても困るので、インターネット上の情報を確認してみると、どうやら支店の窓口に行けば更新手続きができると書かれてあったので、1月のタイ旅行の際にやってみた。

私が向かった支店は、サイアム・パラゴン(Siam Paragon)の中にあるサイアム・パラゴン支店(Siam Paragon Branch)、BTSのサイアム駅(Siam Station)直結で、しかも、営業時間が毎日11時から20時なので、昼間の時間帯なら終業時間を気にせずに訪問できるからだ。
それに、支店窓口での手続きは待ち時間が長かったことを除けば、極めてスムーズで、外国人に対しては英語でやり取りしてくれるので、ほとんど苦労することはなかった。
ところで、2013年7月に行ったときに、日本語対応窓口もあったバンカピ支店(Bang Kapi/Sukhumvit 33 Branch)は、今も日本語でやり取りしてくれるのだろうか。

さて、この手続きは、タイの居住者であれば、スマホのアプリを使って新しいカードを申請すれば、1週間ほどで自宅に届くと書かれている。(Kasikorn Bank - Self issuing a new debit card simply via K PLUS)
当然ながら、2週間ほどタイに長期滞在する予定があれば、サービスアパートメント宛に送ってもらうこともできるから、やってみる価値はあるだろう。
私が今回もらったキャッシュカードは、クレヨンしんちゃん(Crayon ShinChan)の図柄が入ったもの、有効期限は2022年8月になっているので、それまでは紛失しない限り、このカードを使うことになる。
銀行のウェブサイトを見る限り、今ではこのカードを発行していないようなので、私が入手したのは貴重な1枚(!?)ということになる。
今回の手続きでは古いカードは回収されずに、私の手元に残ったのだが、これも4年後には記念に残せるのだろうか。

|

« 日本の出国時に徴収される千円の国際観光旅客税はドブに捨てられるのか | トップページ | ウユニ塩湖のトリックアート(trick photography)はグループツアーの醍醐味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/66680643

この記事へのトラックバック一覧です: カシコン銀行(Kasikorn Bank)の窓口でキャッシュカードを更新:

« 日本の出国時に徴収される千円の国際観光旅客税はドブに捨てられるのか | トップページ | ウユニ塩湖のトリックアート(trick photography)はグループツアーの醍醐味 »