« 3年半ぶりのそれゆけ個人旅同好会東京オフ会 | トップページ | アゼルバイジャンネタが炸裂した越境会の定期交流会 »

2016.10.23

ホスピタリティ溢れるフジヤマツーリストとLovers Kitchen(ラバ吉)のコラボツアー

201610_yamajinja

Tono_furusato_village17

Asakurayama06

私は、先週催行されたフジヤマツーリストLovers Kitchen(ラバ吉)のコラボ企画、「タンク将軍と行く、三陸の海の幸 遠野グルメバスツアー(10月15日~16日)」と、「荒木シェフと行く、年に二度の金運祭り参拝ツアー!!(10月19日~20日)」の双方に行ってきた。
先週末の遠野ツアーは、主催者の3名を除いて参加者11名、金運祭りツアーも11名と、なかなか盛況だった。
今回の2つのツアーの目玉はズバリ、シェフのあらっきーが作る極上料理なのだが、これだけは文章や写真では伝えきれないので、Lovers Kitchen(ラバ吉)のイベントなどに参加した方でないと実感できないだろう。
彼は時折、懇意にしている人から様々なイベントのときに、出張料理人として招かれていると書けば、ご想像いただけるだろうか。

また、私がフジヤマツーリストの野澤さんご夫妻の企画するツアーに参加するのは、「千葉館山を巡る満腹旅行!あらっきーシェフと行く極上料理とお酒に酔いしれる開運・グルメ・温泉1泊2日の旅(2016年3月20日~21日)」以来なのだが、これだけでなく、彼らの企画するツアーに度々参加させてもらっているのは、彼らのホスピタリティが素晴らしいからだ。
これも、先ほどと同じように自分が実感しないとわからないものだし、事実、参加者の多くが、彼らと懇意にしている人たちだった。
そして、それらの人たちに紹介されて初めて参加した方も、次回も参加したいと言って笑顔で去っていった。
旅行代金だけ比較すれば、大手のバスツアーや個人手配した方が安いのは事実だが、一度でも彼らのツアーの参加すれば、必ずしも経費だけが旅行商品の選定基準ではないということが理解できるのではなかろうか。

仲良しグループが多数を占める少人数のツアーに初めて参加するのはとても勇気がいることだと思う。
例え、それが友人との参加であっても、自分が初めてで、相方が主催者と懇意にしている場合などは、馴染めないのではないかという不安は常に付きまとうものだ。
確かに宿泊が伴う旅行はこのハードルを克服するのはかなり大変だと思う。
しかし、そういった不安はたいていの場合、杞憂に終わることが多いものだが、やはり、最初は日帰りツアーならば参加してみようかと思った方は、ちょうどいい案配に「荒木シェフと行く日帰り山梨ワイナリー収穫祭&温泉開運ツアー(11月5日)」という企画がある。
残念ながら私は参加できないが、興味がある方はいかがだろうか。

|

« 3年半ぶりのそれゆけ個人旅同好会東京オフ会 | トップページ | アゼルバイジャンネタが炸裂した越境会の定期交流会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/64388787

この記事へのトラックバック一覧です: ホスピタリティ溢れるフジヤマツーリストとLovers Kitchen(ラバ吉)のコラボツアー:

« 3年半ぶりのそれゆけ個人旅同好会東京オフ会 | トップページ | アゼルバイジャンネタが炸裂した越境会の定期交流会 »