« アゼルバイジャンネタが炸裂した越境会の定期交流会 | トップページ | 横浜DeNAベイスターズ初のCS出場、日本一は二刀流大谷の日本ハムに »

2016.10.29

ビジネス出張や一人旅に嬉しいドーミーイン(Dormy Inn)

Dormyinn03_2

温泉大浴場付きのビジネスホテルを運営するドーミーイングループ、私がこのホテルチェーンに初めて泊まったのは2015年7月の青春18きっぷの旅のときに泊まったドーミーイン富山だった。
このときは、楽天トラベルのサイトで富山駅に近いビジネスホテルを探していて目に留まったのだが、その後、今年の3月のHappy Birthday Kyushu Passの旅ではドーミーイン鹿児島に、そして、6月の大人の休日倶楽部パスで行く北海道・東北の旅ではラビスタ釧路川に泊まったが、いずれも快適な温泉大浴場に朝食バイキング、最寄り駅までの無料送迎が付いたビジネスホテルだった。

日本のビジネスホテルの宿泊客は一般的に、室内に設置されたユニットバスでシャワーを浴びて終わりというのが通り相場なのだが、このドーミーインチェーンのホテルは、日本人にとっては嬉しい温泉大浴場が付き、私が泊まったホテルはいずれも繁華街に徒歩圏のところで、飲み屋で一杯引っかけても帰りの足を心配しないで帰れるというご機嫌な立地条件下にあった。
また、夜の9時30分から11時までは、飲んだ後に麺類を食べるのは良くないというのは別にして、無料で夜鳴きそばのサービスがあるのも嬉しい。

私はこのホテルを特に意識せずに取っていたのだが、先日の投資セミナーでお会いした講師の方が「私は国内出張先がドーミーインのある都市ならば迷わずにそこを予約するんですよ。」というのを聞いて、あらためて調べてみると、国内の主要都市を網羅しているし、天然温泉を謳っている施設も多い。
これならば、カプセルホテルに泊まるときなどのように目立った価格差があるとか、滞在時間が短い(チェックイン時間が遅い)などの理由がなければ、意識してドーミーインチェーンのホテルに泊まってもいいかと思う。

ちなみに、このホテルチェーンを運営しているのは共立メンテナンスグループ(銘柄コード:9616)、株主優待にリゾートホテル優待券があるので、興味がある人は投資してもいいかもしれない。
私とブログ繋がりのまことさんが「共立メンテナンスの株主優待(2014年12月17日)」というコラムを書いているので参考にするといいだろう。
次の権利発生月は2017年3月なので、まだ先は長いが、株価の方はようやく底打ちの兆しが見えてきた感じもあるので、買ってみるのも悪くないと思う。
実のところ、私は国内のホテルチェーンのポイントプログラムには興味がなかったのだが、ドーミーインチェーンに関してはポイントプログラムに登録してもいいかと思っている。
おそらく今後もこのホテルチェーンは使うことがあると見込まれるからだ。

|

« アゼルバイジャンネタが炸裂した越境会の定期交流会 | トップページ | 横浜DeNAベイスターズ初のCS出場、日本一は二刀流大谷の日本ハムに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/64415347

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス出張や一人旅に嬉しいドーミーイン(Dormy Inn):

« アゼルバイジャンネタが炸裂した越境会の定期交流会 | トップページ | 横浜DeNAベイスターズ初のCS出場、日本一は二刀流大谷の日本ハムに »