« 日経ヴェリタスで投資銘柄選び | トップページ | 何もしなくともWindows 10でマイクロソフトマネー(MS Money Plus Edition)が動いた »

2016.05.29

パソコンを東芝 dynabook T55/Uに買い替え

20160522_yodobashi

つい先日、Windows 10モデルのノートパソコン、東芝 dynabook T55/U制限付海外保証(ILW/International Limited Warranty)商品=規約第3条により購買日から1年は無料、それ以降は有料修理サービスを提供」を購入した。
やはりメインで使うパソコンは、ストレスなく動くものがいいので、CPUの性能が高いものでリーズナブルなものを選んだ。
8年近く使っていたSharp Mebius WE50W(Windows Vistaモデル)に代えてこれを買うことにしたのだが、正直なところWindowsモデルのパソコンを使い続けるかどうか迷うところがあった。
何しろ最近のWindowsのOSは不評なものが多く、いっそのことMacのOSが入ったものにしようかとも思ったからだ。

決め手は、私が15年以上使い続けているウェブサイト作成ツールのホームページビルダー、このソフトはWindowsでしか動かないからだ。(私が持っているホームページビルダー18の動作環境は、Windows XP以上のOSで動作保証、Windows 10対応状況は64ビットエミュレーションモードで動作保証となっている。)
それと、毎年の確定申告で利用している、e-Taxの動作環境がWindows Vista以上となっており、いずれもMacモデルのパソコンでは利用できないことがわかったからだ。
ここで、Windows 10モデルのパソコンに、旧バージョン(19以前)のホームページビルダーをインストールしたときに気をつけないといけないのが、JUSTオンラインアップデート自体のアップデートができない(ヘルプメニューからの最新版へのアップデートができない)可能性があること、プログラム互換性のトラブルシューティング(スタートボタンを右クリック→コントロールパネル→プログラム→以前のバージョンのWindows用に作成されたプログラムの実行)を行う必要があること、さらに、弊サイトのコラム「ホームページ・ビルダー18で『「サイト転送』ができなくなった(2014年12月5日)」にあるような現象も起きうるので、それに対処する必要があることだ。

さて、パソコンの買い替え(OSのアップグレード)に伴って、必要となるのが周辺機器やソフトの買い替えだ。
まず、私にとって必需品なのが、プリンターとスキャナーの複合機、エプソンカラリオプリンターEP-901A、幸いに、これはプログラムのインストールと印刷、スキャンも可能だったので、故障しない限り(2015年3月31日で修理対応期間が終了)、買い替える必要がないようだ。(プリンタードライバーの配布も行われており、Windows 10でも動作保証されている。)
ちなみに、パソコンをMacモデルにしていたらこの複合機は買い替えないといけなかったところだ。

一方、画像処理ソフトのAdobe Photoshop Elements 7はWindows 10どころか、Windows 7でさえ動作しないとあるので、OSがアップグレードされたら、基本的に旧バージョンは使えないと思った方がいいだろう。(Photoshop Elements ヘルプ / 旧バージョンの対応
それと、同じAdobe社のAcrobat Standard 9、これもPDF作成ソフトや、ウェブサイトをそのまま保存するツールとして重宝していたのだが、これもWindows 10には対応していないようだ。(Acrobat ヘルプ / 旧バージョンの対応
これらのソフトは古いパソコン(Sharp Mebius WE50W)で使い続けることになるだろう。
当面は2台を併用して使うので、画像処理などは古いパソコンでやって、ウェブサイトへのアップロードを新しいパソコンでやることになるだろう。
また、すでにオンライン更新サービスが終了して5年以上が経過しているMicrosoft Money、今までは資産管理ソフトとしてそのまま継続して使ってきたが、このソフトがWindows 10で使えるはずもないので、これは古いパソコンで使わざるを得ない。(参考:2010年3月26日-Microsoft Moneyのオンラインサービス最終日まで延長へ
そのうち2台のパソコンを使い続けるのも面倒になると思われるので、どうしたものか思案のしどころである。

ところで、私が秘蔵(!?)しているもう1台のパソコンが、海外旅行中に使おうと思って買った中古のミニノート(Sony VAIO VGN-TZ50B)である。(2011年12月23日-ミニノートパソコン(Mini Laptop PC)を買ってみた
実際のところ、このパソコンが役立ったのは、この直後に行ったアジア縦断旅行(2011-2012)や、2012年のゴールデンウイークに行ったアメリカ・メキシコ旅行2013年のゴールデンウイークに行ったアメリカ・カナダ・バハマ・メキシコ旅行といった長期旅行のときなのだが、それもiPadを買った2013年6月以降は、荷物が重たくなるのでパソコンを持参することはなくなった。(2013年6月18日-iPhone5とiPad(Wi-Fi + Cellularモデル)を買ってみた
このパソコンもWindows Vistaモデル、今までメインで使っていたパソコンが補助機になるため、今後はますます使うことがなくなるだろう。
誰ももらってくれる人もいないだろうし、廃棄の運命にあるのかと思う。

|

« 日経ヴェリタスで投資銘柄選び | トップページ | 何もしなくともWindows 10でマイクロソフトマネー(MS Money Plus Edition)が動いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンを東芝 dynabook T55/Uに買い替え:

« 日経ヴェリタスで投資銘柄選び | トップページ | 何もしなくともWindows 10でマイクロソフトマネー(MS Money Plus Edition)が動いた »