« 美女と上野動物園 | トップページ | 日経ヴェリタスで投資銘柄選び »

2016.05.21

ベルギーのブルージュ(Bruges)でユニークなビール醸造所の見学はいかが

現在、フェイスブックの旅人コミュニティ「地球が遊び場」の代表、ヨーロッパ6ヶ国大周遊中のもっちーさんたちが立ち寄ったベルギーのブルージュ(Bruges)、奇しくもこの地のビール醸造所(brewery)の話題がCNNに掲載されていた。
私がベルギーに行ったのは1993年9月1996年7月のわずか2回、このときの記憶ではビールとチョコレートの国、そしてフランス料理は本国より美味しいというイメージが残っている。
ブルージュに行ったのは何と23年前のことで、このときの旅行記には「ブルージュはしばしば『北のベニス』と言われる。市内を縦横無尽に運河が走り、そこを行き交うボートは観光客を満載している。市内観光は、徒歩ですれば十分だが、こうしたガイド付きのボートトリップもなかなかいいものだ。ちなみに、私たちが参加したボートトリップでは、ガイドが英語、フランス語、フラマン語(オランダ語の方言の1つ)で観光案内をしてくれた。また、レンタサイクルなら、列車に積むことができ、主要駅で乗り捨てもできるらしいので、観光案内所などで確認してみるといい。いずれにしろ、ブルージュは絵になる町なので、写真はたくさん撮っておこう。」ということで、非常に良き思い出が残っているようだ。

ところで、本題のビール醸造所なのだが、CNNの記事によれば、ドゥ・ハルブ・マーン(De Halve Maan)という会社が、世界で初めてというビールのパイプラインを作っていると掲載されている。
工事費用は、クラウドファンディング(crowdfunding)と呼ばれる手法で、不特定多数の人からインターネットで出資を募り、出資者には見返りとしてビールを特典としてサービスする(He started a crowdfunding campaign to help pay for the estimated $4.5 million pipeline - offering amber rewards to those who've contributed to its construction.)とのことらしい。
それならば、と私も一口乗ってみようかと思って、検索してみたが、どうやらキャンペーンは終わってしまっているようだ。(2015年6月19日時点のアーカーブ記事はこちら
それもそのはず、パイプラインは今年の夏には開通するらしいから、今後はこのパイプラインの見学を含めたツアーと、商品の売り上げで維持費を賄うことになるのだろう。
ちなみに、見学ツアーの代金は8.5ユーロ(約1,100円)、ツアーの時間は、午前11時から午後4時(土曜のみ午後5時)までの間で45分間ずつ、ガイドは英語、フランス語、ドイツ語で、ツアー終了後にはブルッグス・ゾット・ブロンド(Brugse Zot Blond)が試飲(degustation)できるようだ。
いかがだろうか。
今年の夏以降に欧州旅行を計画している人はアクティビティの一つとして組み入れてみるといいだろう。

***********************************************

古都の地下にビール専用パイプライン ベルギー (2016.5.16 CNN Japan)

ベルギー・ブルージュ(CNN) ベルギー北西部の古都ブルージュの地下で、ビール専用のパイプラインの建設が進んでいる。
ブルージュ中心部にあるビールの老舗、ドゥ・ハルブ・マーンの醸造所から、郊外の瓶詰め工場へ通じるパイプラインは全長約3.2キロ。
今年の夏には開通し、1時間に4000リットルの速さでビールが運ばれるようになる。

160年来の創業一族を継ぐクサビエ・ファネステ氏は、「世界でも初めての試みだ」と話す。
同社は2010年に瓶詰め工場を郊外へ移したが、この街は石畳の狭い道が多く、ビールをタンクローリーで工場まで運ぶのは難しい。
ファネステ氏によると、醸造所ごと郊外へ引っ越す道もあったが「ブルージュ最後の醸造所を残したかった」という。

そこで考案されたのが、パイプラインを通す方法だ。
総額450万ドル(約4億9000万円)に上るとみられる費用を調達するため、同氏は不特定多数から資金を募る「クラウドファンディング」の呼び掛けを始めた。
出資者には見返りとしてビールをサービスする。
1万1000ドルを出資して最大の支援者の一人となったレストラン経営の男性には、一生分のビールが無料で提供されることになった。
この男性はビールが好きで毎日飲むというが、出資したのは「友情」のためだと話す。

自宅の近くにパイプラインを通して蛇口からビールが出るようにしてほしい、という要望も多かった。
しかしファネステ氏によれば、それは構造上不可能だという。
こっそり引き込みたいなどと考えている人も、やめておいた方が良さそうだ。

英文記事:In Bruges, beer to flow underground (May 16, 2016)

***********************************************

|

« 美女と上野動物園 | トップページ | 日経ヴェリタスで投資銘柄選び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/63663931

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギーのブルージュ(Bruges)でユニークなビール醸造所の見学はいかが:

« 美女と上野動物園 | トップページ | 日経ヴェリタスで投資銘柄選び »