« 退職後の住民税(普通徴収分)は重税感たっぷり | トップページ | アメックスゴールド保有継続かダウングレードか »

2015.10.29

HSBC Premier Master Cardを使ってみた

Hsbc_premier_master

先日のクロアチア・イギリス・マレーシア旅行の際、HSBC香港の口座をプレミア(Premier)にアップグレードしたときに作ってもらったHSBC Premier Master Card(年会費無料*)を使ってみた。
私は口座のステータスがアドバンス(Advance)の時点で、HSBC Advance Visa Platinum Card(年会費無料*:2012年10月2日-HSBC香港からクレジットカード(Advance Visa Platinum Card)が送られてきた)を持っていたので、それと合わせて2枚のカードを持つことになった。
私の場合、基本的には日本のクレジットカードを使っているが、今後は前回の旅行のときのように、海外旅行中にHSBC香港のカードも併用していこうと思う。
理由の一つは、投資しているファンドの配当収入を生かすこと、もう一つは為替変動の影響を軽減することにあるだろうか。
(年会費無料* Fees & Charges for HSBC Banking - Tips to save you money - Credit card charge: Become an HSBC Premier/HSBC Advance customer and your HSBC Premier MasterCard credit card/HSBC Advance Visa Platinum Card annual fee will be waived permanently.)

ところで、日本のクレジットカードは多種多様なポイントプログラムが用意されていて、クレジットカードの比較サイトや雑誌の特集記事もポイントに言及したものが数多いが、私が持っているHSBC香港発行のクレジットカードも、共通のポイントプログラムとしてRewardCash Programme(報奨プログラム)と呼ばれものがある。
これは、クレジットカード利用額が250香港ドル(約4,000円)につき、1ドル分のポイントがもらえる(FAQ - How can I earn RewardCash? - You can earn $1 RewardCash for every HKD250 you spend on a credit card.)というもので、還元率にすると0.4%となる。
このRewardCashの残高を確認するには、HSBC香港のインターネットバンキングにログオン、Cardsタブをクリック、My card accountsからAccount Infoをクリックすると、RewardCash Balanceが確認できる。
また、ログオン後のMy HSBCからeStatement and eAdviceに進み、Cardタブをクリックして、最新のPDFファイルを開くと、REWARDCASH EXPIRING IN *******と印字がされ、残高と有効期限がわかるようになっている。

このRewardCashは、Instant RedemptionRewardCash e-Shop(最低利用金額は$10リワードキャッシュ/A minimum of $10 RewardCash must be used to purchase each item.)を使うときに、ポイントを充当できるほか、Mileage Programme(最低移行金額は$40リワードキャッシュ/Each transfer must be of a minimum of $40 RewardCash.)(手数料:300香港ドル又は40USドル)に移行することができる。
例えばアジアマイル(Asia Miles)に移行する場合は、$1リワードキャッシュが15アジアマイル(2016年1月4日以降は10アジアマイル)に換算される。
ただ、ポイントの有効期間は3年(FAQ - When does RewardCash expire? - HSBC Premier cardholders and HSBC Advance Visa Platinum cardholders can use their RewardCash up to three years after earning it.)となっており、また、1回当たりの最低利用ポイント数が決められているため、日本居住者(香港の非居住者)の場合は、カードの利用頻度の点からいっても権利放棄になってしまう可能性が高いだろう。

さて、私の持っているHSBC Premier Master Cardは、RewardCash Programme(報奨プログラム)のほかに、Traveler Rewards Programme(旅行者ポイントプログラム)とHSBC Premier Privileges(HSBCプレミアカード特典)というのが付いている。
このうちTraveler Rewards Programme(旅行者ポイントプログラム)というのは、提携業者を通じてクレジットカードを使うと、ポイントが加算されるもので、日本居住者(香港の非居住者)にとって使いやすいのは、Online Hotel Bookingだろうか。
私が前回の旅行で使ったのはAgoda.comExpedia HK、このときは2015年8月末までに予約すると、米ドル建て宿泊代の10%(通常は5%)が還元されるキャンペーンをやっていたからだ。
ご存じの方は多いと思うが、この2つのオンライン旅行会社は日本語サイトもあり、前述のリンクから辿って日本語サイトで予約しても理論的には還元の対象になるはずだが、前回の旅行のときは素直に香港サイト(英語)で予約を完了させた。

ちなみに、これらで予約したRewards(報奨金)がウェブサイトに反映されるのは、支払いのおよそ1ヶ月後となる。(FAQ - When can I see my account credited with the Reward Dollars I earned today?)
そして、このRewards(報奨金)の有効期限はなぜか非常に短く、利用後半年で有効期限切れとなるようだ。(FAQ - Will my MasterCard Traveler Reward Dollars expire?)
幸いにして、US$40 MasterCard Prepaid Cardに換えられる残高はあるのだが、日本居住者(香港の非居住者)にとっては使い勝手の良いものとは言えないようだ。

最後に、5月に申し込んだHSBC Premier Master Cardについては、インターネットバンキングにログオン後に確認できるPayment Due Date(支払い期日)、又はeStatementに書かれているPlease pay by (dd/mm/yyyy)の日(どちらも同じ)に香港ドル普通預金口座(HKD Savings)から自動的に引き落としになるようだ。
私は、こうなっているのを知らなくて、事前に振替を実行し、何度かクレジットカード口座に余剰金を生じさせてしまった。(参考:2014年7月8日-HSBC香港のクレジットカード口座への振替ミス対処法
これらのことを含めて、次回、HSBC香港に行ったときにジョン(John Lau)さんに聞けば、いろいろなことを教えてもらえるのだろうか。

|

« 退職後の住民税(普通徴収分)は重税感たっぷり | トップページ | アメックスゴールド保有継続かダウングレードか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/62572169

この記事へのトラックバック一覧です: HSBC Premier Master Cardを使ってみた:

« 退職後の住民税(普通徴収分)は重税感たっぷり | トップページ | アメックスゴールド保有継続かダウングレードか »