« 台北の鼎泰豊(ディンタイフォン)の予約はクレジットカードのトラベルデスクで | トップページ | 新宿ホルモンオフ会での古(いにしえ)の話題 »

2014.11.26

Kona's Salon お金のセミナーの謝恩会

Ranmaazabu01

Ranmaazabu02

Ranmaazabu03

2014年秋の宴会」と銘打ったシリーズの第8回目は、私が自由人への道を歩もうとしている上で欠かすことのできないKona's Salonの中心メンバーである、もっさん、あらっきー、美紀さんの3名を招いて謝恩会をすることにした。
場所は、鉄板焼 蘭麻 麻布店、どこにしようか迷ったのだが、ダイナースカードのフリードリンク付パーティプランPDF)が使えるレストランの中から一つを選んでみた。
思い起こせば、もっさんやあらっきーとの出会いは、2年前のワールドインベスターズ・トラベルカフェ(現在のシャウエッセン・トラベルカフェ)の66 Liveの現場だった。(現在はこのライブは外苑前のアーキテクトカフェ青山店で行われている)
詳しい日付は覚えていないが、私が「Toward a dream-come-true『経済的自由への扉は開かれた』」を書きあげた後だったことは間違いない。
当時の私はちょうど早期リタイアへの道を突っ走り始めたときだったからだ。

そして、もっさんと話しているうちに、私の目指している方向に彼がいることに気付いたのだ。
2013年の秋以降、私は彼の主催するセミナーに何度か足を運んだ。(参考:2014年8月11日-お金のセミナー&キャッシュフローゲーム会
そこで提供される軽食やアルコールも魅力的だったが、彼が実際に自由人として独立している仕組みを知ることができたのは大きな収穫だった。
もちろん、彼のやっていることも、これから私のやろうとしていることもリスクは大いにある。
しかし、日本がすでに衰退の域に入っている状況で、日本の職場から得られる勤労所得と、65歳になってから政府が支払うであろう公的年金だけに生活を頼っている方がはるかにリスキーだと私は思う。

Ranmaazabu04

Ranmaazabu05

Ranmaazabu06

上司に提出した退職願が正式に受理された後、私は職場の人たちに来年の3月末で辞めることを伝え、「早期リタイアへのファイナルステップ(final step for early retirement)」という記事をブログに掲載した。
これで私は完全に後戻りはできなくなった。
大海原へ漕ぎだした小舟が無事に未知の楽園に辿り着けるか、途中で難破するかは私にもわからない。
しかし、私は自分の選択を後悔することはないだろう。
「思考の変化は習慣の変化を生む」
もっさんがいつもセミナーで言っていたことだ。
彼の主催する「知っているようで意外と知らない お金について大切なこと」セミナー&お食事会は、来る12月7日の第40回で終了となるそうだが、私にとって彼のセミナーは貴重な気づきの場であった。
自由人として羽ばたこうと決意させてくれたのは紛れもなく彼の存在であり、そういった意味で重ねてお礼を言いたい。ありがとう。

|

« 台北の鼎泰豊(ディンタイフォン)の予約はクレジットカードのトラベルデスクで | トップページ | 新宿ホルモンオフ会での古(いにしえ)の話題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/60718210

この記事へのトラックバック一覧です: Kona's Salon お金のセミナーの謝恩会:

« 台北の鼎泰豊(ディンタイフォン)の予約はクレジットカードのトラベルデスクで | トップページ | 新宿ホルモンオフ会での古(いにしえ)の話題 »