« 香港土産のジェニー・ベーカリーのクッキーは今が入手のチャンスか | トップページ | 日本初のアゼルバイジャンに関するビジネス書が登場! »

2014.10.27

アルテリーベ横浜でフランス料理 with 生演奏

Alteliebe03_2

Alteliebe05_2

忘年会シーズンが始まる前に!ということで親しい仲間たちとの飲み会を次々にセッティングしてみたら、何と10月後半から11月にかけて集中豪雨的に宴会の予定が立て込んでしまった。(笑)
こういったことは「Weekly Party during winter in 2009」以来のことだが、せっかくなので「2014年秋の宴会」と銘打って、自分の記録とお店の宣伝(!?)を兼ねてレポートしてみることにした。
これを含め、今後、このシリーズのコラムは基本的にオフ会レポートの記事とダブることになるが、そちらには写真をフルに掲載してあるので、食べ物などの写真に興味のある方はリンク先を訪ねて欲しい。

「2014年秋の宴会」の第1回目は10月24日のアルテリーベ横浜本店、まるで結婚式の披露宴会場のようなところで、フランス料理のフルコースを大枚叩いて堪能してみた。
ご一緒したのは、1986年の西欧旅行以来、かれこれ30年弱の付き合いとなっているタキとノリの2人だ。
ここ10年ほどは忘年会で会うかどうかの頻度になってしまったが、私たちが30代の頃は文字通り腐れ縁の仲だった。
実際のところ、1990年代の海外旅行記には彼らもたびたび登場しているのがおわかりになるだろうか。

Alteliebe06

Alteliebe10

このレストランの予約に際しては、ダイナースカードのエグゼクティブダイニング(会員を含む2名以上で所定のコース料理を利用すると、1名分のコース料金が無料)を使ってみた。
私たちが利用したアルテリーベ横浜本店での優待コースはアルテリーベコース(13,000円)、1名分が無料になるということで、リーズナブルに高額のコース料理が味わえるのだが、その分、酒を飲んでしまっては同じことだろうか。(爆)
私自身、これほどの大盤振る舞いは、2012年11月10日の「豪華フカヒレオフ会」以来のことなのだが、正直言えば、ここは配偶者や恋人との特別なイベント、あるいは重要な取引先の接待のときに使うべきものだと思った。
とりあえず、私たちの場合は、傍から見れば、どこかの社長たちが集まっているように見えただろうか。

ところで、ここの特色は、生演奏を聞きながら食事を楽しめるところだ。
演奏スタッフは、かなりの頻度でテーブルを回ってくれて、私たちのリクエストにも応じてくれる。
雰囲気的には高級ホテルのラウンジのような感じなのだが、日本なのに演奏スタッフの全員が外国人で、しかも日本語がほとんど通じないという、極めて日本離れしたものだった。
こういうときのリクエスト曲の定番は、ビートルズや、女性ボーカルがいればアバの楽曲を頼めば間違いなく演奏してくれる。
私の場合は、1992年の大ヒット映画"The Bodyguard"の主演女優、ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)の"I will always love you"が鉄板ネタである。
実際、この歌はしっとりとした雰囲気の場所で聞くには最適な曲だからだ。

|

« 香港土産のジェニー・ベーカリーのクッキーは今が入手のチャンスか | トップページ | 日本初のアゼルバイジャンに関するビジネス書が登場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/60554562

この記事へのトラックバック一覧です: アルテリーベ横浜でフランス料理 with 生演奏:

« 香港土産のジェニー・ベーカリーのクッキーは今が入手のチャンスか | トップページ | 日本初のアゼルバイジャンに関するビジネス書が登場! »