« 暴落相場のカナリア、ミセスワタナベが沈黙する日はやってくるか | トップページ | 各国税務当局がオンラインによる非居住者口座情報共有化へ »

2014.02.06

第8回越境会定期交流会~スリランカ独立記念日スペシャル~

20140204_ekkyokai

昨年まで六本木にあるWorld Investors Travel CafeでやっていたワールドインベスターズTV主催のイベントが、先月から南青山のアーキテクトカフェ青山店で開催されるようになった。
毎週月曜のライブ放送&ハッピーアワーは言うに及ばず、越境会のイベントも場所を南青山に移して行われるようになったようだ。
先月、私は体調不良であまり飲み会にも行けなかったので、今月はできるだけ精力的に活動しようかと思って予定を入れてみた。
今回の「第8回越境会定期交流会~スリランカ独立記念日スペシャル~」は、週末の「自由人を目指す会 IN 名古屋」に続いて、早くも2月の第二弾のイベントだ。

スリランカ独立記念日スペシャルということで、在日スリランカ人の方が数人来られていろいろお話をされていたが、私がスリランカに旅行したのは後にも先にも2010年のゴールデンウイークのときだけだ。
このときは、キャンディ(Kandy)、ワスガムワ国立公園(Wasgamuwa National Park)、シーギリヤ(Sigiriya)を経て、東海岸のトリンコマリー(Trincomalee)まで行った。
何しろ内戦が終結してからわずか1年しか経っていなかったので、まだその傷跡があちらこちらに残っていたのを覚えている。

それから2年たち、私が「スリランカの観光セクターに投資妙味あり?(2012年5月7日)」というコラムを書いたときは、内戦の傷跡が生々しかったトリンコマリー(Trincomalee)でさえ、ホテル予約サイトのagoda.jpもカバーするほどに観光地化されつつあった。
前回の旅行からもうすぐ4年、当時はなかった国内線のフライト(Cinnamon Air)もあり、スリランカ鉄道(Sri Lanka Railways)の急行列車もだいぶ増えているようなので、都市間の移動もだいぶ便利になったのだろう。
前回はツーリストカーを手配して旅行してみたが、次に行く時は個人旅行してもスムーズにいくだろうか。
そして、しむしむさんが「2013年12月14日-ベトナム株・BRICsプラス11投資情報-モンゴルやラオスなど本当の新興国へ投資するETFが上場。コストも低い」としている中には残念ながらスリランカ株式の組み入れはないようだが、いずれ新興国市場が回復した暁には脚光を浴びる国の一つになる可能性は十分にあると言えよう。

|

« 暴落相場のカナリア、ミセスワタナベが沈黙する日はやってくるか | トップページ | 各国税務当局がオンラインによる非居住者口座情報共有化へ »

コメント

ご訪問ありがとうございました。

投稿: カルロス | 2014.02.21 19:53

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 職務経歴書の見本 | 2014.02.21 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/59084241

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回越境会定期交流会~スリランカ独立記念日スペシャル~:

« 暴落相場のカナリア、ミセスワタナベが沈黙する日はやってくるか | トップページ | 各国税務当局がオンラインによる非居住者口座情報共有化へ »