« HSBC香港の新規送金先登録はオンラインで完結 | トップページ | 忘年会シーズン真っ只中にショッキングなニュース »

2013.12.09

Hilton HHONORS 会員資格継続へ

2011年8月にデルタ航空からの招待でヒルトンHオナーズ・プログラム(Hilton HHONORS Program)に参加してから約2年が経過した。
最初はお試しゴールドの資格(2011年8月28日-Hilton HHONORS ゴールドカード)があったので、ラスベガスとシンガポールのヒルトンホテルに宿泊したことがあったが、私にとっては宿泊費が高過ぎるので、ゴールドの資格が切れた後は予約することもなくなっていた。
ところが、11月下旬に送られてきた「ヒルトンHオナーズ有効期限のお知らせ」というメールで、前回の利用から1年間ポイントの加算実績がないと会員資格が失効するとあった。
資格を継続するには、2014年2月1日までにヒルトン系列のホテルに泊まるほか、三井住友カード発行のヒルトンHオナーズVISAカードを作ることや、何らかの形でHオナーズ・ポイントを獲得すればいいと書かれていた。

このメールを見たときは三井住友カードという選択肢もありかな、と思ったが、その前に確認したいことがあったので問い合わせてみた。
まず、このプログラムはダブル・ディッピング(Double Dip Earning Style Options)と呼ばれる、1滞在ごとにHオナーズ・ボーナスポイントと、航空会社のマイルを同時に獲得できるオプションがあるはずなのだが、過去の滞在時にはそれが適用された形跡がないことと、もう一つは、先月のアゼルバイジャン・カスピ海経済視察ツアーで使ったヒルトンホテルの実績が加算されていないことだった。
前者については、そもそも最初の発端がデルタ航空からの招待だったので、自動的にそのプログラムは適用されているとばかり思っていたのだが、そうはなっておらず、今回の電話したのを機にオプションを適用してもらい、マイル加算もユナイテッド航空にすることにした。
ただ、残念ながら過去の滞在実績は航空会社のマイルには反映されないとのことだ。

もう一方のアゼルバイジャンの件は、ダメ元で聞いたものの、やはりヒルトンのウェブサイトなどからの直接予約でないとポイント加算の対象にはならないそうだ。
この旅行に関しては、カタール航空もGクラス運賃のチケットだったため、私の持っているアジアマイルは加算対象外、空港やホテルのチェックイン時にはマイレージカードを受け付けてくれたので、多少は期待したものの糠喜びで終わってしまったようだ。
ちなみに、カタール航空に関してはJALマイレージバンク(JMB)は加算対象で、やはり日本の航空会社のマイルにすべきかな、と思った。

こうなると、Hオナーズの会員資格を継続するのも面倒だな、と思い始めてくる。
何しろ来月末までにヒルトン系列のホテルに泊まるような旅行計画がない上、無理やりクレジットカードを作っても年会費がもったいない。
そんなとき、先方からハワイのホテルに関するプロモーションを聞いてもらえば、ポイントを差し上げるとのオファーがあった。
実際は、ハワイのコンドミニアムのタイムシェアのプロモーションで、話だけ聞いて断ったのだが、結果的にボーナスポイントが加算され、会員資格は継続することになった。
ただ単に電話で問い合わせしただけなのに何が幸いするかわからないものだ。
ところで、私もこうしたタイムシェア・プログラム(Timeshare Programs)はある程度知っているし、決して興味がないわけではない。
何しろ来年の春頃にはジョニー・プーケット・リゾート・タイムシェア・プログラムが始まるのだから・・・

関連記事(投稿後追加)

Business Wire (December 10, 2013)-ヒルトンHオナーズ、プライオリティ・パスとの提携により、加入時にHオナーズポイントの獲得・利用が可能に-世界中の600以上の空港でVIPラウンジ利用を提供

|

« HSBC香港の新規送金先登録はオンラインで完結 | トップページ | 忘年会シーズン真っ只中にショッキングなニュース »

コメント

>マルコでも、ワンワールド特典の必要マイル数はJLその他とあまり変わらないようなので、僕はこのままマルコ貯め続けます。

それでいいと思いますよ。私の場合はたまたまカタールまでの往復のマイルを捨てるのはもったいない、な思っただけですから

投稿: カルロス | 2013.12.14 08:57

なれないでしょう。
なれないからといって、僕が自分の旅のスタイルを変えることはありませんけどね。
マルコでも、ワンワールド特典の必要マイル数はJLその他とあまり変わらないようなので、僕はこのままマルコ貯め続けます。

投稿: いちろう | 2013.12.14 01:29

誰でも無条件にはJGCにはなれないのでは?
http://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/

それともマルコポーロのエリート会員だとなれるのでしょうか?

投稿: カルロス | 2013.12.13 20:55

誰でも無条件でJGCにしてもらえるのであれば、僕もマルコポーロからJGCに移行しましょうかね。

投稿: いちろう | 2013.12.13 12:32

再度のアドバイス感謝します。

とりあえず、マイレージカードをもらうだけなら無料なので、JMBに登録しました。
提携クレジットカードを作るかどうかはこれから決めたいと思います。
ちなみに、アジアマイルで積算されなかったJALの国内線の格安券がJMBでは登録されました。
この分だとカタール航空もいけそうな感じです。
当面は両方使っていくことになりそうです。

投稿: カルロス | 2013.12.11 21:52

交換レートの高い航空会社で特典チケットを貰う為に、
沢山の金を払ってたら本末転倒です。

幸いにも私は日本人ですからJGCを所有する事が出来、、
キャセイの安チケットで恩恵を受ける事が出来ます。

Oクラスなのでマイレージすら付きません。
サブクラスを上げてマーレー時を貯めても、
高いレートで交換するなら意味がありません。

とは言え、JALやANAは、家族でマイレージを
合算できるので、気が付くと貯まってますが。

投稿: 通行人 | 2013.12.11 11:12

情報提供ありがとうございます。
JALのマイレージカードも作ると、ワンワールドのマイルが分散してしまうので、ためらっていましたが、ちょうどキリがいいところでアジアマイルを終わらせるのもいいかもしれないですね。
アジアマイルの有効期間延長するにも結構な費用がかかるようになったので、そろそろ潮時かもしれません。

投稿: カルロス | 2013.12.10 12:36

アジアマイルで付かなかったマイレージですが、
加算されてないのでしたら、後からでもJALに付けられます。

半年以内が期限でしょうか?
搭乗券の半券とEチケットが必要だと思います。

投稿: 通行人 | 2013.12.10 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/58728758

この記事へのトラックバック一覧です: Hilton HHONORS 会員資格継続へ:

« HSBC香港の新規送金先登録はオンラインで完結 | トップページ | 忘年会シーズン真っ只中にショッキングなニュース »