« クラッシュした外付けハードディスク(HDD)からデータを復旧 | トップページ | iPhone5とiPad(Wi-Fi + Cellularモデル)を買ってみた »

2013.06.16

Tokyo高い!はいつになったら是正されるか

ここ数年、私は海外旅行のときに移動の機内で乗り合わせたり、現地ツアーで一緒になった外国人から「東京高い!」と言われるたびに違和感を感じていた。
長期にわたってデフレが続く日本と、経済発展が著しい香港やシンガポール、あるいはニューヨークなどを比べた場合、私の実感では後者の方が生計費が高いだろうと思っていたからだ。
しかも「東京高い!」と言う外国人のほとんどは日本に来たことすらないと言うので、1990年代までのイメージがそのまま染み込んでいると思っていた。

ところが、わすか4か月前のWhat are the most expensive cities to live in?(生活費が最も高い都市はどこ?)というCNNの記事の出だしを見ると、Despite Japanese deflation, a weaker yen and rising prices throughout the world, Tokyo has resumed its position as the world's most expensive city, according to the latest Worldwide Cost of Living Survey from the Economist Intelligence Unit.(エコノミスト・インテリジェンス・ユニットの最新世界生活費ランキングによれば、日本のデフレと円安、世界的な物価の高騰にもかかわらず、東京は世界の中で最も物価が高い都市としての地位を占め続けている。)とある。
これによれば、2位も日本の大阪なのだから、日本が物価高というイメージがそう簡単に払拭されるとは思えない。
それに、この調査を行った時点では民主党政権下で続いた超円高(米ドル安)の影響が色濃く出ていたことだろう。

そして、今月の記事は東京が円安の影響で首位から陥落し、ノルウェーのオスロが首位になったと報じられていた。
調査を行ったのがECAインターナショナル(ECA International)とあって、驚くことに2位がアンゴラ(Angola)のルアンダ(Luanda)、4位が南スーダン(South Sudan)のジュバ(Juba)とある。
おそらく、これはビジネスマンが暮らせるような地区は、治安面からも現地住民とはかけ離れたエリアとならざるを得ないがゆえに生計費が高いということなのだろう。
それにしても、4か月前のEIUの調査とはまるで結果が違っているが、いったいどういう調査をすると、ここまで違いが出るのだろうか。
いずれにせよ、東京が世界の中で物価高都市という地位を占めている以上、なかなか外資系企業も外国人観光客も来にくいのではなかろうか。

***********************************************

生活費高い都市ランキング、オスロ首位 東京は6位に後退 (2013.6.9 CNN Japan)

香港(CNN) 国際人材コンサルティング企業ECAインターナショナルは9日までに、外国人にとって生活費の高い都市別ランキングを発表し、ノルウェーの首都オスロが首位だったと報告した。
同様調査で2010年以降、トップを占めていた東京は6位に後退した。
上位10都市を大陸別に見た場合、欧州が7都市、アフリカが2都市、アジアが1都市だった。
2位はアンゴラの首都ルアンダ、3位はスタバンゲル(ノルウェー)、4位は南スーダンの首都ジュバで5位はモスクワ。
以下、東京、チューリヒ(スイス)、ジュネーブ(同)、バーゼル(同)、ベルン(同)と続いた。

同社のアジア地区責任者によると、オスロが首位となったのは生産や労働コストの高さが要因。
ドライクリーニングや靴修理、整髪などのサービスがより労働集約型になっていると指摘。
税率も高く、アルコール類やたばこの値段も比較的高価としている。

ECAインターナショナルによると、オスロでの映画チケットは18.76米ドル(約1,838円)相当。
バーでのビール1杯が14.10ドル、ソーダが3.43ドル。
東京の首位転落の原因は過去数カ月間続く円安の効果。
ただ、アジアでは最も生活費が高い都市となっている。
映画チケットは19.09ドル相当、ソフトドリンク1杯は1.61ドル。
ただ、米1キロは10.00ドルと今回のランキング調査では最高値だった。

同社によると、香港やシンガポールなどアジアの都市の順位は最近、大きな変動がない傾向にある。
2008年の世界的な金融危機後、長期の景気回復の過程にあることを裏付けていると分析した。
ただ、今回調査で驚きだったのはフィリピンの首都マニラが2012年調査と比べ、19ポイント激増したことと指摘。
好調な外国からの直接投資などを反映した通貨ペソの値上がりが主因としている。

英文記事:World's priciest city to be an expat is...?

**********************************************

世界生活費ランキング 東京が首位、大阪2位 (2013.2.4 CNN Japan)

(CNN) 英経済誌エコノミストの調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は4日までに、世界の都市の生活費を調べた調査結果を発表し、東京が前回1位だったスイスのチューリヒを押さえてトップとなった。2位は大阪。
デフレが進んでいるにもかかわらず、日本での生活費の高さが目立った形となった。

トップ10ではシドニー(3位)、メルボルン(4位)がそれぞれ4つ順位を上げ、オーストラリア勢の上昇が目立った。シンガポールも3つ順位を上げ、6位となった。
生活費ランキング上位20位のうちアジア・太平洋地域の都市が11を占めた。
欧州は8都市がランクイン、米国の都市はトップ20に入らなかった。

南米ベネズエラの首都カラカスは前回より25位上がって9位に入った。
米ドルとの固定相場が維持される中、物価上昇率が20%に達したのが原因とみられる。
北米最上位はカナダのバンクーバー(21位)。米ロサンゼルスと米ニューヨークは同率の27位だった。

英文記事:What are the most expensive cities to live in?

***********************************************

|

« クラッシュした外付けハードディスク(HDD)からデータを復旧 | トップページ | iPhone5とiPad(Wi-Fi + Cellularモデル)を買ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/57602850

この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo高い!はいつになったら是正されるか:

« クラッシュした外付けハードディスク(HDD)からデータを復旧 | トップページ | iPhone5とiPad(Wi-Fi + Cellularモデル)を買ってみた »