« 東急東横線渋谷駅で撮り鉄やってみた | トップページ | キプロスの預金税(savings levy)の実験は将来の日本の預金封鎖の布石になるのか »

2013.03.18

キプロスショックでトレーディング・ポイントのFX口座は大丈夫か

今日の経済ニュースのトップは、すべてと言っていいほどキプロスに対するEUの金融支援策のことだった。
ここでは銀行預金者に負担(預金課税)を求めるという一連のユーロ圏加盟国支援策としては前例のない措置を決定したため、支援策が発表された16日、キプロス国内ではATM内の現金は数時間で枯渇し、電子送金は停止されたという。(ロイターニュース-キプロスが支援合意の修正急ぐ、議会採決延期・預金者に動揺広がる
キプロスはEUの金融支援がなければ、デフォルトすると見られていて、これによって、欧州経済危機への懸念が再燃、今日のユーロと各国の株式市場は暴落した。

このキプロスと私の関わりは、昨年の3月に海外FX会社であるトレーディング・ポイント(Trading Point)でデモ口座を開いたことに始まる。(2012年3月25日-スワップ狙いのFX投資で早期リタイアは実現するか
そして、新年度入りをしたのを契機にリアル口座を開いて本格的にFXの取引をする予定になっていた。(2012年4月1日-トレーディング・ポイント(Trading Point)社でFX口座を開いてみた
ところが、私がデモ口座でスワップ狙いのFXトレードの実験をしているうちに、それ以上の安定した収入源を確保できたため、海外FX会社での運用自体を凍結してしまったのだ。(2012年6月3日-Toward a dream-come-true「経済的自由への扉は開かれた」 2012年6月9日-スワップ狙いのFXデモトレードの成果
もっともFXのトレード自体は、ほぼ同時に国内の証券会社で開いた口座で始めていて、1年近くたった今では、年間トータルでも上々の成果を上げることができている。

一方で、私はいつでもトレーディング・ポイント(Trading Point)でもリアルトレードが開始できるようにHSBC香港の口座に送金先登録だけはしておいた。
この送金先は、自分が選択した口座通貨(Account Currency)によって多少異なるが、受取銀行はすべてキプロス銀行(Bank of Cyprus Public Company Ltd)だったのだ。(今は英国系のBarclays Bank PLCも指定できる)

For CHF Accounts
Beneficiary Name: Trading Point of Financial Instruments Limited
Beneficiary Address: Richardou & Verengarias 12, Araouzos Castle Court, 3rd Floor, P.C. 3042, Limassol, Cyprus
Bank Name: Bank of Cyprus Public Company Ltd
Beneficiary Bank Address: Evrou Business Center, P.O.Box 21472, Nicosia, 1599, Cyprus
Swift Code: BCYPCY2N
Account Number: 0122-41-001588-24
IBAN: CY84 0020 0122 0000 0041 0015 8824

このキプロスに関しては、昨年の6月14日に「キプロスの国債格付けがBa1からBa3に引き下げられた」(ブルームバーグ-欧州危機深まる-ムーディーズのスペイン、キプロス格下げで)とか、11月30日には「資金繰りに苦しむ国内銀行の資本増強に向けては、国際債権者から最大100億ユーロの支援が必要」(ロイターニュース-キプロス銀行支援、必要額は暫定で最大100億ユーロ=中銀総裁)などという報道がされていて、欧州経済危機下にあって、とてもキプロスの銀行に送金しようという気にはなれなかったし、トレーディング・ポイント(Trading Point)からは毎日のように入金ボーナスキャンペーンのメールが送られてくるのに余計危機感を覚えて、実のところ今でも証拠金の入金はしていない。

香港マイタン日記や海外FXお役立ちガイドによれば、幸いなことに今回のキプロスショックによるトレーディング・ポイント(Trading Point)のFX口座への影響はなく、今まで通り資金の出し入れもできるとのことだ。(香港マイタン日記-キプロス 預金封鎖 FX会社は大丈夫?? 海外FXお役立ちガイド-キプロス支援における海外FX会社の影響について
ただ、私としてはキプロスの会社に資金を預けてFXをやるくらいならHSBC香港のMargin FX口座の方を使うだろう。
基本的なトレード用語(英語)は、トレーディング・ポイント(Trading Point)のデモ口座でも習得できるし、レバレッジの倍率も100倍とか200倍にしてトレードする可能性はほとんどないからだ。
何しろFXのトレードをするだけでも神経を使うのに、預け入れた証拠金が安全かどうかまで神経を使いたくないからだ。

|

« 東急東横線渋谷駅で撮り鉄やってみた | トップページ | キプロスの預金税(savings levy)の実験は将来の日本の預金封鎖の布石になるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/56985332

この記事へのトラックバック一覧です: キプロスショックでトレーディング・ポイントのFX口座は大丈夫か:

« 東急東横線渋谷駅で撮り鉄やってみた | トップページ | キプロスの預金税(savings levy)の実験は将来の日本の預金封鎖の布石になるのか »