« スワップ狙いのFX投資で早期リタイアは実現するか | トップページ | 台北発券で成田経由アメリカ・メキシコへ »

2012.04.01

トレーディング・ポイント(Trading Point)社でFX口座を開いてみた

新年度に入ったのを機に、今までデモトレードをしていたトレーディング・ポイントという海外FX会社でリアル口座を開くことにした。
この会社のデモ口座は、ウェブサイト上から申請するときは、デフォルトで口座通貨が米ドル、レバレッジは100倍で固定されているが、他の通貨やもっと低いレバレッジで試したい場合は、ダウンロードしたプラットフォーム(MT4)から新たにデモ口座を申請すればできるような設定になっている。
スワップポイント(Swap Value in Points)は、取引条件のスプレッドのページからリンクしているPDFファイルで確認でき、国内でFXを経験した人なら難なく理解することができるだろう。
ちなみに、リアル口座の開設もインターネットで完結(パスポートや住所証明はスキャナーやデジカメで読み込んだものをアップロード)、入出金も国内外の銀行、ウェスタン・ユニオンなどの送金業者、クレジットカードなど多様なチャンネルが用意され、おまけに日本人スタッフによるメールサポートも充実している。

私の場合、まだFXに不慣れなため、実際の取引は少し先になると思うが、2011年1月22日付の香港マイタン日記「海外FXの口座開設は急いだほうがよさそうだ」にもあるように、私が見た限りでも日本語サイトはあっても「現在日本居住者の口座開設を停止させていただいてます。」などのメッセージが出るところが目立つようなので、口座開設だけ先行して行ったというわけだ。
とりあえずFX会社の場合は、必要入金額に下限がないところが多いので、デモ口座を開いてみて良さそうだと思ったらリアル口座を開いてしまった方が良さそうだ。
このほか、私が口座を開こうと考えているのは為替サイトのグーグル的な存在のOanda、デモ口座を開いた感じで両者の違いは、トレーディング・ポイントの方がスワップが高く、日本語サポートも充実していることで、一方のOandaは未使用の証拠金に金利がつく、為替のウェブサイトが充実しているといったところだろう。
事実、Oandaの外国為替分析(スワップは右側のテキストボックスの電卓→金利シュミレーターで算出できる)のページはここに口座を開かなくても利用価値があると思う。
いずれにせよ若林栄四氏が「Flying Back Japan 14」で言うように「今後、無茶苦茶にドルは上がる」という予測が当たるならば、FXも日本国内の業者でなく、米ドルで取引できる海外の業者がいいということになるが・・・

ところで、海外投資を楽しむ会の掲示板の投稿に限らず、千差万別のHSBC香港の口座開設代行業者がいるところを見ると、語学の壁なのか、相変わらず口座開設に苦慮している人が多いようだ。
仮に代行業者を使って口座を開いても、使いこなせなくて困っているなどと聞くと、何だかな~と思わざるを得ない。
FXの勉強を始めたばかりの私でさえ感じるのが、小額預金者向けのSmart Vantageなど、この銀行口座をハブにして活用するという目的がない限り、わざわざ香港に行ってまで口座を開く意味があるのか、ということだ。
そんなに苦労して開いたHSBC香港の口座を凍結(freeze)のリスクに怯えながら持つくらいなら、インターネットで口座開設ができる海外FXの口座の方がはるかに利便性が高いと思う。
仮に、10万円単位の投資資金しかなく、それにレバレッジをかけて資産を失うのが嫌だとしても、1000通貨単位から取引できる業者を選び、レバレッジを1倍に設定しておけば、外貨普通預金と同じ扱いになるので、強制ロスカットはなくなるし、スワップが高い分だけFX投資の方が有利となる。
いかがだろうか。

|

« スワップ狙いのFX投資で早期リタイアは実現するか | トップページ | 台北発券で成田経由アメリカ・メキシコへ »

コメント

佐々木様

弊サイトをご訪問いただきありがとうございます。

>貴社のアフィリエイトプログラムに参加する為の詳細をお知らせいただきたく存じます。

残念ながら弊サイトは私個人が趣味でやっているページですので、アフィリエイトプログラムは導入しておりません。貴社のプログラムに私が参加することは可能です。

投稿: カルロス | 2012.12.13 21:44

ご担当者様
貴殿ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
貴殿運営のウェブページを拝見させていただきました。
FXGM(FX Global Markets)の日本デスクのマーケティング担当、佐々木と申します。弊社FX Global Markets (FXGM) Ltd (www.fxgm.eu)はライセンス番号074/06の下、ヨーロッパ圏内キプロス証券取引委員会、CySEC(www.cysec.gov.cy)により認可を受けた投資会社です。 ただいまFXGMでは新たに弊社をご紹介くださるIntroducer(IB)を募集しております。         
ぜひ貴殿と新しくビジネスを展開させていただきたくメールにてご連絡をさせていただきました。貴社のアフィリエイトプログラムに参加する為の詳細をお知らせいただきたく存じます。
下記は弊社ウェブページとなります。
http://jp.fxgm.com/

その他、質問がございましたら、ご遠慮なく電話、メールでお問い合わせ下さい。
お問い合わせに対しては、36時間~48時間以内に回答するよう努力しておりますが、内容、土日祝祭日、を含む場合、多忙期によっては遅れる場合もございます。ご了承下さいませ。

国内電話もありますのでお気軽にご連絡ください。

03-45782082

こちらの電話番号は海外への転送となりますので、時差の関係でお電話に出られない場合があります。
日本時間:午後16時~22時が営業時間となります。

弊社のフェイスブックでのページでは、市場情報はもちろん、日本デスクの様子に、日本ではあまり知られていないキプロス島の生活なども紹介します!どうぞご覧下さい。
http://www.facebook.com/FXGM.Japan

何卒宜しくお願いします。

佐々木

投稿: 佐々木ゆり | 2012.12.13 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/54367770

この記事へのトラックバック一覧です: トレーディング・ポイント(Trading Point)社でFX口座を開いてみた:

« スワップ狙いのFX投資で早期リタイアは実現するか | トップページ | 台北発券で成田経由アメリカ・メキシコへ »