« Gold(金)のETN(上場投資証券=Exchange Traded Note)を買ってみた | トップページ | 海外への資産逃避(capital flight)は加速するのか »

2012.01.30

スパンエアが経営破綻

Ibiza_airport02

昨日のCNNでスペインの航空会社の一つ、スパンエアー(Spanair)が経営破綻したと報じられた。
日本人にはほとんど関係ないニュースだが、私自身は2010年9月の香港・スペイン・モロッコ旅行のとき、イビサ島からマドリードへ向かうときに使った航空会社だった。
運賃が安い割にはスターアライアンスのマイレージ加算対象となっていて、割合使い勝手のいい感じを受けていただけに残念である。

ところで、約6年前の2005年8月28日には「エアーアジアは無事に飛ぶのか?」というコラムを書いていた私が、今や格安航空(LCC)を使いまくっている感があるのだが、今回のニュースを見て、旅行の途中でいきなり搭乗予定の航空会社のフライトが全便運航停止などという目にあったらどうなるのだろうか、と思ったりもした。
幸いにして、そういうことに遭遇することはなかったが、このようなとき、自分の旅程が影響を受けずに振替便に乗れる可能性はどのくらいあるのだろうか。

まさに昨年の5月29日に書いた「東京発の海外旅行のリスク」で触れたホテルの事前予約が裏目に出るケースがそのまま再現される可能性は十分にあるだろう。
それでもホテル予約サイトを使った事前予約と、格安航空(LCC)を使った移動は、旅費と時間を節約するために必要不可欠となった今ではやめるわけにもいかない。
結局のところ、1週間から10日程度の休暇で密度の濃い旅程を立てるためには、航空会社の突然死のリスクも受け入れなければいけなくなったと言えようか。

***********************************************
スペイン航空会社スパンエアが経営破綻、資金調達できず (2012.1.29 CNN Japan)

マドリード(CNN) スペインの航空会社スパンエアは28日、経営破綻(はたん)に陥ったと発表し、多くの乗客が急きょ他の航空会社の便への変更を余儀なくされた。
スペインの空港・航空管制公団(AENA)は公式サイトで「(スパンエアは)すべての業務を停止した。そのため28日午前2時(日本時間28日午前10時)以降のスパンエアの全便がキャンセルされた」と伝えている。

スパンエアは「向こう数カ月間の資金繰りのめどがたたないため、慎重かつ確実な手段として、全便の運行を停止した。今後はあらゆる法的措置を講じる」との声明を出した。
スパンエアは、同社の便を利用予定の顧客に対し、電話か同社のホームページ上で詳細を確認するよう求めている。

この事態を受け、スペイン航空最大手のイベリア航空は、地方および国の当局と緊密に連携し、事態緩和に向けた策を練っている。
イベリアは緊急時対策として、各所に人員を配置し、スパンエアの顧客にとって可能な限り最良の条件で事態を打開できるよう全力を尽くしているとしており、特別運賃での運行や特定路線の増便などを行うという。
またブエリング航空やエア・ヨーロッパもスパンエアの顧客への支援策として特別運賃での運行や増便を予定している。

英文記事:Spanish airline Spanair goes bust, strands passengers
***********************************************

|

« Gold(金)のETN(上場投資証券=Exchange Traded Note)を買ってみた | トップページ | 海外への資産逃避(capital flight)は加速するのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/53865680

この記事へのトラックバック一覧です: スパンエアが経営破綻:

« Gold(金)のETN(上場投資証券=Exchange Traded Note)を買ってみた | トップページ | 海外への資産逃避(capital flight)は加速するのか »