« 年末年始の海外旅行に向けて | トップページ | 死線を乗り越えて »

2010.12.21

バンコクの非常事態解除

去る4月7日にアピシット・ウェーチャチーワ(Abhisit Vejjajiva)首相がバンコクと周辺地域に非常事態宣言を発令して以来、8ヶ月半ぶりにこれが解除されるようだ。
とはいえ、最近数ヶ月はそんなものがあったのか、と思えるほど「ゆるゆる」なタイが復活していたような気もするが、私自身は今年の1月に渡航して以来タイにはご無沙汰なので、実情は人づてに聞く程度である。
これが中東や南米で非常事態などになろうものなら渡航を自粛しなければならないところだが、場所は何と言ってもタイだから過激なデモが鎮静化した後は、私の友人たちも何事もなく渡航していたような気がする。
この「ゆるさ」がタイの魅力の一つなのだが、私自身、この国への渡航回数も二桁を数え、ある意味、気楽に行ける国の一つである。
安いチケットを入手することにこだわらなければ、パスポートとサイフをズボンに入れたまま、手ぶらで会社の帰りに飛行機に乗ってしまえるといった感覚だろうか。
そんなタイのことを書いていたら久しぶりに行きたくなってきた。
まだ、年末年始のアメリカ・メキシコ・グアテマラ旅行にさえ旅立っていないのに・・・(笑)

********************************************
バンコクの非常事態解除 8カ月半ぶりに正常化 (2010.12.21 産経新聞)

タイ政府は21日の閣議で、タクシン元首相派の反政府デモに対処するため4月に首都バンコクと周辺の3県に発令した非常事態を22日付で解除すると決定した。
タクシン派の反独裁民主統一戦線(UDD)が過激な行動を控えていることを受け、治安が回復したと判断した。
これによりタイは非常事態がすべて解除され、8カ月半ぶりに正常化する。
ただ、UDDは多数の犠牲者を出した4~5月の治安部隊とデモ隊との衝突に対する政府の責任を今後も追及。
テロ罪などで起訴され拘束が続く幹部らが釈放されるまで定期的にバンコク中心部で反政府集会を続ける方針で、アピシット首相は「治安当局が監視を続け、状況に応じて対応を判断する」と強調した。

英文記事Thai Cabinet agrees to lift emergency decree in Bangkok
********************************************

|

« 年末年始の海外旅行に向けて | トップページ | 死線を乗り越えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/50363381

この記事へのトラックバック一覧です: バンコクの非常事態解除:

« 年末年始の海外旅行に向けて | トップページ | 死線を乗り越えて »