« 対露戦勝記念日を制定してみろ | トップページ | 旅行博へ行ってきた »

2010.09.05

ミャンマーアライバルビザ発給一時停止へ

5月9日に紹介した「ミャンマーアライバルビザ発給の新制度」が9月1日から停止されたとシンガポールのストレイツタイムズ(Straits Times)が報じている。
どうやら理由は11月7日の予定されている総選挙対策で、観光客を装って入国していてくる外国人ジャーナリストや人権活動家を排除するのが本当の目的だろうと言われている。
5月1日から始まったばかりの新ルールだが、早くも軍政の政治的思惑でもって一時停止を余儀なくされたということのようだ。
日本人観光客にとっては新制度導入前は、事前にビザ取得を代行するミャンマーの旅行会社に書類を送付して政府の承認が下りれば空港での取得が可能になる(Pre-Approved Visa on Arrival)制度が適用されていたが、8月21日付のPING LONG ミャンマー現地生情報によれば、それが元も戻ることになるとのことらしい。
英文記事ではtemporally stopped、suspendという表現が使われているので、アライバルビザ制度は一時的な停止措置なのであろうが、11月7日の総選挙が終わっても復活することがなければ、年末年始にミャンマー旅行を考えている場合、ビザの取得にかかる時間を考慮した方がいいだろう。

*****************************************
Visa on arrival to be stopped (August 24, 2010 Straits Times)

YANGON - A REPORT says Myanmar will suspend its new policy of issuing tourists visas on arrival as the military-ruled country prepares for its first general election in 20 years.

AP通信の報道によると、ミャンマー政府が20年ぶりに行われる軍政下の初の総選挙の準備のためにアライバルビザ発給の一時停止を行う予定だとしている。

The Weekly Eleven news journal reported on Tuesday that the visa-on-arrival policy began May 1 at Yangon International airport and the central Myanmar city of Mandalay.

ウイークリー・イレブン・ニュース・ジャーナル(Weekly Eleven news journal)は火曜日に、アライバルビザ政策がヤンゴンとミャンマー中部のマンダレー国際空港において5月1日から始まったと報じた。

It quoted an immigration official saying the suspension takes effect on Sept 1 and was to assess how many visitors had used the visas.

出入国管理当局者によると、アライバルビザの一時停止は9月1日からであり、何人の旅行者がそのビザを使ったかによって判断したという。

But it could also reflect concerns that foreign journalists and rights activists might enter the country in the guise of tourists ahead of the election scheduled for Nov 7. The party of detained opposition leader Aung San Suu Kyi is boycotting, claiming election laws are unfair. -- AP

しかし、それは外国人ジャーナリストと人権活動家が11月7日に予定されている選挙前に旅行者を装って入国するかもしれないという懸念を踏まえたということもあり得る。
軟禁されている野党指導者アウン・サン・スー・チーが党首を務める政党は、選挙法が不公正だと主張して選挙をボイコットしている。
******************************************

このコラムを掲載した後に事前審査による「空港到着査証」も取得不可になったとの情報が入った。
これで完全に事前申請のみとなったため、日本でミャンマーのビザを取得しないで渡航する場合は、バンコクの大使館で申請することになりそうだ。

******************************************
ミャンマー、事前審査による「空港到着査証」(VISA)、取得不可に (2010.9.8 トラベルビジョンニュース)

2010年9月1日より、ミャンマー到着時に空港で取得可能な「空港到着査証」(ビザ)が中止となりましたが、さらに事前審査による「空港到着査証」も9月6日より中止となりました。
その理由は「ミャンマーの空港到着査証に関しては、その国にミャンマー大使館が存在しない場合にのみ適用出来る」ということが決定したためです。
日本には、東京にミャンマー大使館がありますので、日本在住の方は、今後、空港到着ビザの取得は不可となります。
ミャンマーへ渡航される場合は、在日ミャンマー大使館(もしくはミャンマー西日本ビザセンター)にて、事前にビザを取得した後にお出かけくださいますようお願いいたします。
*******************************************

|

« 対露戦勝記念日を制定してみろ | トップページ | 旅行博へ行ってきた »

コメント

今月渡緬さん、こんばんは

ビザの件、空港でのアライバルビザ取得ができなくなって残念ですね。
でも今日のニュースでは、さらに厳しくなって現地旅行会社を通じての空港取得も不可になったようですね。
このリンクは記事の追加情報とダブリますが、載せておきますね。

http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=46092

投稿: カルロス | 2010.09.08 22:10

空港で30ドルですむはずが大使館での取得で3000円+申請受領2回分の交通費+窓口での振込手数料がかかってしまいましたよ・・・。
アライバルでラクに取れるからって旅行計画したんだけど。
直接大使館申請なら中1日だけど、郵送や代行業者に頼むと日にちかかるからね。
ネットのおかげで事前に休止情報知っててよかったよ、大使館HPにはまだアライバルビザのページ残ってて、休止のことに触れてないし。

投稿: 今月渡緬 | 2010.09.08 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/49350876

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーアライバルビザ発給一時停止へ:

« 対露戦勝記念日を制定してみろ | トップページ | 旅行博へ行ってきた »