« 新年相場は期待できるか | トップページ | 吉田繁治氏の「ゴールドと通貨の本質」を読んでみた »

2008.12.23

2009年それゆけ個人旅同好会カレンダー

今日、それゆけ個人旅同好会の2009年版のカレンダーが届いた。
この同好会、読んで字の通り、メンバーはツアーでなしに個人で世界中を旅しようという人の集まりだ。
私がこの同好会に参加したのは2002年1月、ウェブサイトのスタートとほぼ同時期だが、それから7年、ここのメンバーにもだいぶお世話になった。

2009soreyukecalendar

その同好会の会長のS木さんがメンバーから集めた「おバカネタ写真」で構成されているのが、このカレンダーというわけだ。
まあ、こんなところに目がいくなというものばかりを集めたものだ。
私の写真も一度だけ採用されたが、常連さんたちの写真を見ると、旅の道中でおバカネタを集めようと思わなければそうそう集められるものではないかも。

とりあえず、送られてきたカレンダーの1つは職場のダイアリーとして使わせてもらうことになろうが、今までこれを見て何か言ってきた人はほとんどいない。
まあ、私のキャラがそういう雰囲気を醸し出しているのか、あまり人のことなど気にならないのか。(苦笑)
いずれにせよ、このド不況下にあっても2009年も海外旅行に行くことだけは間違いないと、ここでは宣言しておこう。
何せ溜まったマイレージは使わないともったいないからね。

ちなみに、このカレンダーはそれゆけ個人旅同好会のウェブサイト又は、版元のリブロリア.ネットで買える。
海外旅行へ行かない人も行った気になる(!?)「それゆけカレンダー」、あなたもお一ついかが!
ついでにS木さんの著書、「それゆけ保母さん海外お馬鹿旅」も買えば、よりディープな海外を擬似体験できるかもよ。(笑)

|

« 新年相場は期待できるか | トップページ | 吉田繁治氏の「ゴールドと通貨の本質」を読んでみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/43511082

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年それゆけ個人旅同好会カレンダー:

« 新年相場は期待できるか | トップページ | 吉田繁治氏の「ゴールドと通貨の本質」を読んでみた »