« 旅人系投資家の集い | トップページ | AIG株への投資は吉となるか »

2008.09.04

仕組債で儲ける方法

海外投資のSNSであるWorld Investorsで今年の1月24日に「仕組債で儲ける方法」という日記を書いたことがある。
当時はブログではオープンにしてなかったが、このたび、新生証券から早期償還条項付 ノックイン型日経平均株価連動 円建債券というのを売り出されることが2日のブルームバーグで報じられたので、私の理論が正しいか再検証するのにちょうどいい機会だから書いてみたい。(2008.9.2 ブルームバーグ 【売出債-確定】SEKが円建てノックイン型日経平均連動債‐新生証

ちなみに1月24日にWorld Investorsで書いた日記は以下の通りだ。

**********************************************

今のような状態では出てこないが、2000年初頭や、2006年頃のように、日経平均が上がってくると出てきたのが仕組債。

今頃こんなことを言っても仕方ないが、それで高確率で儲かる法則みたいのを発見した。
それは、そこでターゲットとなっている株式あるいは指数先物を空売りすることだ。
仕組債で、よくあるのが条件が、○○株が3ヶ月以内に1割上がったらこの債券に20%のクーポンをつけて償還する。3割落ちなければずっと満期まで5%の利払いを続ける、3割切ると株で償還。

こういうのに日本人の多くはだまされたりする。
決まり文句が、この優良株が3割落ちろと思いますか?
今や日経平均だって右肩あがり・・・

2000年のときは日経平均が2万円を超え、ITバブルまっさかり。
証券レディ曰く、日経が半分にならなければいいんですよ。考えられますか?

当時初心者であった私はふと日経平均のベアファンドであるんだろうか、と思ったが、あまりの怪しさに話を断った。
で、日経平均の1万円下落は見事に達成。

今度は2006年、ターゲット株式はローム(6963)にジャフコ(8595)。
2007年2月28日の時点から期間内に何割落ちるかが決め手。
このときは上海ショックの直後という特殊要因もあったので、なんとも言えないが、両方とも日経平均の地合の悪さとともに下落。
ジャフコは見事な右肩下がり。
私はウオッチリストにいれ、ときおり空売り。
この法則がもっと前にわかれば・・・と思ったよ。

今度日経平均が18000円とかになるのはいつかな?
政治家がPKO(株価維持策)やろうとしてるらしいから。
上がり初めて仕組債売られ始めたらパンフ取り寄せて、ターゲットの株は全力で空売り。
指数先物のプットでもいいかも。

とにかくこれ外資が日本人相手に売るそうだよね。
仕組債。
外資が仕組債の購入者を損させるために、ターゲット株は必ず大掛りな空売りすると宣言してるようなものだろう。
これほど安全な投資はないかもしれないよ。
問題は機会があるかどうかだよね。

**********************************************

どうだろうか。
このとき、投資のメンバーたちもいろいろ活発に意見を書いてくれたが、結構有効な手法ではないかという意見も多かった。
果たして何匹目かのどじょうはいるだろうか。
あるいはこのブログを読んだ幹事証券のトレーダーが日経平均採用銘柄を買い支えるかな?(笑)

|

« 旅人系投資家の集い | トップページ | AIG株への投資は吉となるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/42377606

この記事へのトラックバック一覧です: 仕組債で儲ける方法:

« 旅人系投資家の集い | トップページ | AIG株への投資は吉となるか »