« ごくろうさま野茂投手 | トップページ | たかが旅行といえども、これでいいのか日本 »

2008.07.19

旅の大物先行投資は吉か凶か

20080719_tokyomidtown

今日、六本木の東京ミッドタウンの33階であったマリオットバケーションクラブ(Marriott Vacation Club)の説明会へ行ってみた。
先日、Citibank Cardから招待状が送られてきて、もれなく1万円分のJALのギフト券をくれるというので、予約してみたのだ。
説明会は1日3回、予約は行きたい日の2週間前から受け付けているとのことだが、ギフトに釣られる人が多いのか毎回予約が一杯だという。

まあ、とりあえず興味半分で行って見るとカップルで来ている人と1人で来ている人と半々というところ、軽食を食べさせてもらった後は、いよいよ本番の説明会に入るのだが、この事業、アジアパシフィック地域はシンガポール、香港ときて、いよいよ東京で展開するらしい。
ウェブサイトも今は英語のみだが、もう少しすれば日本語版もできるという。

結論から言うと、私はこのマリオットバケーションクラブの(招待者資格による)プレミア・メンバーシップの購入をしたのだが、これが吉と出るのか凶と出るかはこの先少なくとも10年や15年の間、海外旅行に行くかどうかにかかっている、という極めて不確実な投資である。
もっとも日本にあるマリオットホテルに泊まるとか、使用権(ホテルの宿泊)を家族や親戚、友人に譲渡するという選択肢もあるので、あながち無謀とは言えないが、旅の先行投資をしたということは確かなようである。

ところで、このマリオットバケーションクラブは、企業がやっている従業員向けの会員制保養施設の個人版だと思えばいい。
入会金はポイント制で、1ポイントが1ドル25セント(約130円/1USドル=105円で換算)で、最低購入単位が12,000ポイント(約1,575,000円)となっている。
これは自分の好みに応じて2,000ポイント刻みで増額でき、20,000ポイントを超えると単価が1ドル15セント(約120円)、30,000ポイントを超えると1ドル5セント(約110円)となる。

原則として毎年使えるポイントは購入額の上限(20,000ポイント購入した人は毎年20,000ポイントまで使える)で、不足したときは翌年分から前借りが、余ったときは翌年分へ繰越しするか、プレミア以上の会員なら、1回当たり104ドル(約11,000円)の手数料を払ってマリオットリワード(Marriott Rewads)と交換(換算率は2020年までポイント数×5倍、2021年から2058年までは3倍)できるシステムになっている。
このマリオットリワードを使えば、主要国の提携ホテルへ宿泊することも可能になる。

また、このプログラムの有効期限は2056年12月31日、つまり残存期間は今から約48年間(会員死亡の場合の相続取得や会員権の譲渡可能)であるので、最低額である12,000ポイントを購入したとすれば、1年間当たりの取得価格で割り戻せば邦貨換算で約33,000円、このほかに年会費として1ポイント当たり2.5セント(2008年価格)かかるので、年間300ドル(約31,500円)となり、マリオットバケーションクラブが提供する宿泊施設に対して年間約65,000円以上の価値を見出せればいいということだ。

例えば、昨今の香港やシンガポールのホテル代は安くとも15,000円は平気でするし、今回の欧州にいたっても1万円で収まるところを探すのが困難となれば、一極集中、リーズナブル価格でのラグジャリー路線を走るも悪くないかな、とか思った。
事実、香港のJW Marriottは普通に予約すれば、1泊2,000香港ドル(約28,000円)を超えているし、ほかのリーズナブルと言われるところでも1,000香港ドル(約14,000円)はする時代、そう考えれば元が取れるという考え方もできる。
一方で、冷静に考えれば、これからも毎年旅行へ行くのか、90歳まで(笑)と自問自答してみると、私の場合、中毒症状が出るので休めればどんなことをしても行くと、いう結論に達するだろう。
でも日本経済が・・・そうなっても大丈夫なように投資しているのではないか・・・
こんなラグジャリーなところに泊まる気がなくなれば・・・
誰かほかの人に泊まってもらう(30ドルで使用権を譲渡)こともできるしね。
まあ、この旅の先行投資、どうなるかは私の人生次第とも言えようか。

|

« ごくろうさま野茂投手 | トップページ | たかが旅行といえども、これでいいのか日本 »

コメント

ふーみんさん、返事遅れてすいません。
チト旅行中だったもので

>それに、今日契約すれば、マリオットクラブに購入したポイントを交換できると言うセールストークも怪しいし

今日、契約云々はともかく、招待者扱いで契約した場合の、マリオットクラブに購入したポイントを交換できると言う、マリオットリワードという制度は規約にも書かれてますよ。

投稿: カルロス | 2008.09.15 14:47

お買いになったんですね♪

私は1万5000円のリッツカールトンの商品券に引かれていったのですが、販売員が他の会社をリストラされたおじさんで、セールスが下手だったので、買う気が全く起きませんでした。

軽食もなぜかでなかったなあ。。。時間帯によるのかな?

確かに48年フルに使えばお得かもしれませんが、そこまで使い切れる自信もなかったですね。マリオット以外のいろいろなホテルも泊まりたいですし。。。。(と言うかマリオットは風情がないのでどちらかというとあまり好きではないのですが。。。)

また、前払いの入会金をじぶんで運用すれば、48年あれば、150万円を年利1%で運用すると242万円になるし。。。。

それに、今日契約すれば、マリオットクラブに購入したポイントを交換できると言うセールストークも怪しいし。。。(今日。。。。というのは悪徳セールスの常套手段)


投稿: ふーみん | 2008.09.06 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/41906291

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の大物先行投資は吉か凶か:

« ごくろうさま野茂投手 | トップページ | たかが旅行といえども、これでいいのか日本 »