« 幸先いいぞ | トップページ | EM・ONEαでモバイル海外投資 »

2008.01.04

行方不明の海外発年賀状(New Year's Mail)

先月の5日から10日までタイ・香港・マカオ旅行に行ったついでに友人たちへ海外発年賀状(New Year's Mail)をタイのホアヒン(Hua Hin)から出した。
全部で28人分あるので、出かける前にリストアップした人の宛名ラベルをAveryウィザードを使って作り、差出人は毎年のように来るユニセフの宛名シールを使うことにした。
このユニセフの宛名シールは3年前に偽善(慈善ではない!?)募金(2004年12月30日「今日の一言」)をして以来、毎年のように募金依頼とともに届くのだが、こんなところに金を使うなら・・・と思うのは私だけだろうか。
とはいえ、その宛名シールを有効利用しているのも事実だが・・・

それで、ホアヒンのビーチで寝転びながら欧米人のように絵葉書をせっせと書き上げ、郵便局に持ち込んで切手を買い(日本までハガキ1枚12B=約40円)、それをせっせと貼って、郵便局の人に渡した。
それでいいはずだった。
ただ、今までの例から言って、年内のお間抜けなときに年賀状が着く、ということはよくあった。

一番最初に海外発の年賀状を出したときは、ハガキに英語でNew Year's Mailと朱書きした。
そうしたらクリスマスイブに着いた。郵便局員がクリスマスメールと勘違いしたらしい。
ハタと気づいて今度は「年賀」と書いたら海外発信から1週間ほど(12月中旬)で着いたという。
もしかしたら郵便局員は、年賀官製ハガキ以外は年賀状と判断しないのかもしれない、と気づいたのはこのときだ。
このように郵政省時代の郵便局は典型的な役所であった。

それでも最近では「年賀状」と認識されてきちんと着いたという報告が入るようになった。
どうやら郵政公社になってマシになったようだった。
そして郵政民営化元年、1ヶ月前に出したエアーメールは未だに誰のところにも着いていないようだ。
ホアヒンの郵便局員の仕事がいい加減そうだったので、もしかしたらAir Mailでなく船便になっているかもしれない。
あるいは奴らは面倒になって捨てたのか?
いずれにしろ、私が出した28人は、きっとお間抜けなときに年賀状が届くことだろう。
または・・・

|

« 幸先いいぞ | トップページ | EM・ONEαでモバイル海外投資 »

コメント

まだ届きませんか。

これは船便か完全にタイで廃棄されましたね(笑)

投稿: カルロス | 2008.01.12 23:54

未だ届いておりませんね。

投稿: ジョニー | 2008.01.12 00:40

>そういうの好きです。

気に入っていただいて嬉しいです。
ちなみに貴殿とソナタさんは当事者ですよ。
気長に待っていてください。
届いたら教えてくださいね。(笑)

投稿: カルロス | 2008.01.07 00:25

面白い事やっていますね。
というか面白がっていますね。
そういうの好きです。

投稿: ジョニー | 2008.01.05 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/17578856

この記事へのトラックバック一覧です: 行方不明の海外発年賀状(New Year's Mail):

« 幸先いいぞ | トップページ | EM・ONEαでモバイル海外投資 »