« 狼はやってきたか? | トップページ | 幻となったニューヨ-ク行き »

2007.08.11

IPO長者の夢を追った1年

約1年半ほど前に知り合いのK氏を通して某企業の未公開株投資の話があった。
このK氏と知り合ったきっかけはインターネット上の付き合いであったが、実際にお会いして信頼できる方だという感触を得ていたので彼の友人H氏が重役をやっているという某企業の未公開株を20株ほど買うことにした。
額面は5万円、投資総額の100万円は、満期を迎えつつあったオーストラリア国債を解約して捻出した。

この話があったときは、ライブドアショック後の新興市場が値崩れを始めていた頃であったが、一般的に企業が株式上場するまでには少なくとも数年を要することから、新興市場が下落した後の持ち直した頃を見計らって上場スケジュールが軌道に乗ればちょうどいいと胸算用をはじいていた。
そして、実際にK氏の友人である重役のH氏に話を聞いたところ、会社は主として富裕層を対象として事業を展開する構想となっていた。
夢は東洋炭素 (5310)<この株は昨年の日本株ポートフォリオの一角を占めていた株で、2006年3月29日に東証1部に上場したこの会社は、株価がほぼ右肩上がりの上昇を続けている優良企業、途中で手放したことを非常に後悔している>と遠大な夢が頭の中で出来つつあった。

そう、私が買った未公開株も東洋炭素とまではいかなくとも、株価が50万円となれば単純に資産が10倍になる、もしかすると宝くじが当たるより可能性があると踏んでいたのだった。
2004年、2005年のときのような新興市場のIPOブームに重なれば株価100倍も夢ではない、とH氏は冗談交じりに話した。
ただ、H氏の話の中で海外市場へ目を向けた事業展開の構想がないことが少し気になっていた。
臼井宥文氏の著書、「ニュー・リッチの世界」を持ち出すまでもなく、私は数年にわたる海外投資の経験から未知のものにトライするような富裕層には国境の概念がないことを知っていたからだ。

約1年後、私の懸念は現実のものとなった。
重役H氏から電話があり、「私は今の会社から手を引くので、出資金について清算(株の売却)を希望するなら私が責任を持って対処する」とのことだった。
今後の会社の可能性について質問すると、「現状では見通しは明るくない、ちょうど株主総会があるから出席して確認することもできる」とのことだった。

実のところ株主総会の通知は日本企業はもとより、TD Ameritradeを通じて投資している米国企業からも受け取ったことがあり、郵送(インターネット)による議決権行使をしたことはあるが、出席したことは一度もなかった。
しかし、この会社の場合は非上場であったこともあり、投資を続けるか否かを最終的に決断するためにも一度は株主総会の雰囲気を味わっておくのも悪くはないと思ったので初めて出席することにした。

出席した結果は、一言で言って「失望」であった。
今時の新興企業の総会が典型的な「シャンシャン総会」ではどうしようもないからだ。
株主の1人が上場の可能性を、私が海外市場へ向けた事業展開の可能性を質問したときも「見通しは極めてネガティブ」に映った。
第一、営業収益が上がらないと言っておきながら事業をドラスティック(drastic)に転換しないことが何より気に入らなかった。
また、前に居並ぶ役員たちも、系列企業から左遷された幹部社員が集まったような雰囲気だった。

私はH氏に株式の清算の意向を伝えるとともに、1年にわたるIPO長者の夢が終わったことを実感した。
H氏の尽力により、私の精算金は額面そのままで返還された。
未公開株の場合、市場価格がないので実勢価格がいくらになるのかわからないが、H氏は会社の実績から言えば額面割れしていると言っていた。
結果的に損失は、豪ドルの値上がり益の機会損失(1年前に比べれば15円程度豪ドル高)だけであったが、私のような平サラリーマンができないような経験をさせてもらったことはいいことだと思っている。
返還された100万円は、まだ手付かずであるが、これをどこに投資しようかはまだ決めていない。
世界的に株式市場が大揺れの8月、本でも読みながらじっくりとポストBRICs戦略を練るのも悪くないだろう。

********************************************************

以下はタイ株のエキスパートでもある友人の阿部俊之氏からの緊急メッセージです

■緊急なお話ですが、「タイ株・完全マニュアル口座開設編」改訂版は8月12日(日)になりました。
※1日限定です!!
(タイでは8月12日はシリキット王妃のお誕生日です。と同時に、この日はタイの母の日でもあります。)

もしかしたら本日込み合う可能性がございますので予めご了承のほどよろしくお願いします。
それほど集中して集まるほど杞憂しておりませんが・・・。

8月12日 日曜日 アマゾン・コムにてタイ株式証券会社の口座の開き方を解説した「タイ株完全マニュアル・口座開設編」改訂版を出版することになりました。
出版元は「パンローリング社」になります。書籍の価格は少し高めの、税込1,890円になりました。
この本では初版本をご購入いただいた方には素敵なプレゼントがございます。

1.カラーで解説 「タイ証券会社訪問経路実況マニュアル」

2.カラーで解説「タイで為替レートの良い両替店スーパーリッチ行き方マニュアル」

3.今後世界の一大経済圏に成長するアセアン・マーケット詳細マニュアル

4.さらに初版購入者だけにお知らせできる秘密のデータ集をプレゼントです。

こちらをクリックするとアマゾンドットコムへ移動します。
(8月12日に購入いただき、申込ページでコード番号を入れていただきます。)

(注意!8月12日(日曜限定)でございます!)
8月12日(日)一日限りにアマゾンからお申し込みいただければ4種類の無料レポートを受け取ることが可能でございます。(8月中旬にお届けいたします。)

購入後の申し込みページは当日発表致します。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
********************************************************

|

« 狼はやってきたか? | トップページ | 幻となったニューヨ-ク行き »

コメント

カルロス ファン さん

こんな古い記事をお読みいただき感謝です。

旅行記は追々やっていきたいと思います。

投稿: カルロス | 2010.01.29 00:26

お疲れ様です。

「未公開株・詐欺」でネットを検索していたら、『IPO長者の夢を追った1年』に辿りつきました。
カルロスさんは色々な経験をされていますね!

興味深く読ませていただきました。

旅行記も楽しみにしています。

投稿: カルロス ファン | 2010.01.26 15:17

こんばんは

最近ではアジア新興国ブログ集などでもリンクを張ってもらっているせいかアクセスも結構増えてます。
その中から阿部さんのタイ株投資の本に興味を持つ方がいるといいですね。

投稿: カルロス | 2007.08.11 23:30

カルロスさんご紹介ありがとうございます。

阿部でございます。
アマゾンキャンペーン開始日は11日深夜0:00から開始で
12日いっぱいまで行っております。

それでは今後とも
どうぞよろしくお願いいたします。
阿部

申し込みのページはこちらになります。
http://thaikabu.net/index02.php?choice=amazon

投稿: ABE | 2007.08.11 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/16074798

この記事へのトラックバック一覧です: IPO長者の夢を追った1年:

« 狼はやってきたか? | トップページ | 幻となったニューヨ-ク行き »