« マイレージはどれで貯めるのがいいのだろうか | トップページ | 円安は進むか、中国バブルの崩壊まで »

2007.01.17

オンラインで取れるカンボジアの観光ビザ

1週間後に迫ったインドシナ旅行だが、私が今回行こうとしている国のうち、ちょっと前までならベトナムもラオスもビザの申請が必要だった。
それがベトナムは2004年1月1日から、ラオスは今月から15日以内の滞在に限り、日本のパスポートを持つ観光客はビザの取得が不要になった。
残すところ、カンボジアだけがビザの取得が必要なのだが、空路で入国する場合はアライバルビザが取れるので、あえて旅行前に取る必要はない。
ところが、情報収集のためにネットサーフィンしていたら、カンボジアのビザがオンラインで取れるというので、試しに申請してみた。
ウェブサイトは英語、フランス語のほか、日本語、中国語、韓国語もある。

但し、この申請には条件があって、原則として申請時に指定した場所から出入国しないといけないみたいだ。
要するにパックツアーやFIXの(日程などが変更できない)航空券を持って入国する場合にはいいが、それ以外の流動的な日程を組んでいる旅行者はFAQを見る限り、当初の予定に変更が生じた場合は、E-mailで通知(おそらく英語かフランス語で)しないといけないような書き方をされている。

Q31: What should I enter as Date of Entry if I am not sure when I will travel?(旅行日が確定してない場合、入国をどのように入力したらいいですか?)

A31: You can estimate your date of entry. However, please update us at cambodiaevisa@mfaic.gov.kh once you confirm your date of traveling and we will update your profile for you.(予定の入国日で結構ですが、旅行日が確定し次第、E-mailでご連絡ください。システムの日程を更新します。)

Q35: Can I change the airport of arrival and departure after I have applied my e-visa?(オンラインビザを申請した後で、入国あるいは出国の空港を変えることはできますか?)

A35: Yes. Please update us immediately at cambodiaevisa@mfaic.gov.kh once you confirm your travelling date and we will update your information.(はい、できます。旅行日が確定し次第、速やかにE-mailでご連絡ください。あなたの情報を更新します。)

このあたりがまだ長期旅行をするバックパッカーにとっては不満だろうが、私のようなサラリーマンには十分である。

このオンラインビザのメリットは、混雑が予想される時期の旅行を計画している場合だ。
特に年末年始などは日本人の国外脱出も多ければ、カンボジア自体が旅行のベストシーズンに当たる。
オンラインビザを持っている旅行者は、専用のブース(e-Visa Lane)を通れるので、アライバルビザを申請する場合に比べればはるかに時間の節約になる可能性がある。
あるいは、ウェブ上のレンタル保管スペースに写真をアップロードしておけば、タイやベトナムを旅行中にカンボジアに行きたくなったとき、手元に写真がない場合でもネットカフェからビザの申請をすることもできる。

まあ、一番のメリットは専用のブースなのだろうが、これがどの程度のものか体験してこようと思う。
2002年の時のシェムリアップ空港のようにガラガラだとアライバルビザでも同じことなのだけどね。
ちなみに、オンラインビザは申請から3営業日以内の発行とあったが、私の場合は夜のうちに送信して、その翌日には発行されたので、実質的に即日交付であった。
とりあえず、これで金(米ドルの現金)が用意できればいつでも旅行に出発できるということだ。

|

« マイレージはどれで貯めるのがいいのだろうか | トップページ | 円安は進むか、中国バブルの崩壊まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/13553905

この記事へのトラックバック一覧です: オンラインで取れるカンボジアの観光ビザ:

« マイレージはどれで貯めるのがいいのだろうか | トップページ | 円安は進むか、中国バブルの崩壊まで »