« 愚民どもを甘やかしたツケ | トップページ | 「ソフトは海外で発表しなさい」か・・・ »

2006.12.16

日本人観光客ラオス入国ビザ免除

アジアの旅行情報を提供している「あじらんnews」のサイトで、15日付の記事に「邦人のラオス入国ビザ免除」というものがあった。
2007年1月1日から、日本人観光客がラオスに入国する場合、15日以内の滞在であれば、滞在ビザ(観光目的)が免除になるというものだ。
去る14日に、来日したラオスのトンルン副首相兼外務大臣が、麻生外務大臣との会談の折、ラオスへの投資・観光促進のため、2007年1月1日から日本人観光客に対するビザ免除を実施したい旨の提案があり、実現する運びとなったらしい。

Lao_people

私はラオスにはすでに2回行ったが、近いうちにチャンスがあれば再訪したいと考えているラオスがノービザで入れるようになるなら旅行のフレキシビリティが増すので非常にいいことだと思う。
これも経済大国としての日本が未だに魅力的に感じてもらえているおかげと素直に喜びたい。
発展途上国や政治的に問題のある国の国民だと、訪問国によっては観光ビザなど発行してもらえないことがあることを思えば嬉しい限りだ。

しかしながら、日本人観光客のビザ免除に関する記事は、ラオス外務省(Ministry of Foreign Affairs of Lao P.D.R)やラオス観光局のウェブサイトには今のところ見当たらない。
私が見た別の旅行系掲示板には、年末年始にタイや周辺諸国に旅する人たちから歓迎のコメントが寄せられているが、大臣が1月1日からと言ったからといって、ラオスのようなのんびりしたお国柄のところで、末端の出入国管理官まで半月くらいで情報が浸透するものなのだろうか。
それにラオスの法律の改正が間に合うものなのだろうか。

私はこの年末年始は遠出をするつもりは全くないが、1月初旬にラオスに行く人が、このニュースを見てビザなし万歳と言って、出かけるのは少し待った方がいいだろう。
少なくとも公的機関のウェブサイトにそういった情報が掲載されるか、電話をかけて確認を取ってからでも遅くはない。
まあ、米ドルのキャッシュはビザの要不要にかかわらず持っていくだろうから、必要なのはアライバルビザ申請用の写真(3.5×4.5cmを1枚)ということだけどね。

英文記事
Laos to exempt Japanese tourists from visa requirements from Jan. 1

|

« 愚民どもを甘やかしたツケ | トップページ | 「ソフトは海外で発表しなさい」か・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/13089378

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人観光客ラオス入国ビザ免除:

« 愚民どもを甘やかしたツケ | トップページ | 「ソフトは海外で発表しなさい」か・・・ »