« ワールドカップ決勝トーナメント進出16チーム決まる | トップページ | 新手のフィッシング詐欺 »

2006.07.05

ミサイル飛んでも何かしているフリなのか

「北朝鮮が5日未明、ミサイル3発を発射した問題で、政府は午前4時、首相官邸に対策室を設置し、情報の収集・分析を進めた。安全保障会議を開き、対応を協議する方針だ。」

今朝、出勤前のNHKニュースで、安倍官房長官の「調査中」の連呼と、それについて何も突っ込まない眠たいだけの記者会見を見て私は思った。(それにしても政府の記者会見のくだらなさは天下一品だ。)
夕刊の中身もウェブニュースも眠たいものなのだろうな、と・・・
そもそも自国に向けてミサイルが飛んで来ている、しかも数発から10発とも言われているのに、ミサイルが日本海に着弾してから対応を協議するとはいったいどういう政府なのか。

一般的にそういうものは平和時において既に対応を協議し終わっているものではないのか。
その上で首相が即座にミサイル攻撃に対して然るべき報復を行なうと発言をするものではないのか。
このありさまだと、もし、本当に本土にミサイルが着弾しても「対応を協議し、推移を見守る」つもりなのか。

それとも日本のメディアが北朝鮮に招待されている時期を狙ってミサイルを発射したために、「御用メディア記者の身柄」が心配で対応を協議しているのか。
御用メディアの北朝鮮訪問の翌日にミサイルを発射するという、何とも素晴らしい出来事というべきだが、彼らが平壌滞在中に日本が制裁をしようとすれば、金正日が彼らを拉致する(出国させない)ことも考えられる。
そのとき小泉は何て発言するのだろうか。
まさか「人命は地球より重い」なんて言わないだろうな。

**********************************************************
北ミサイル発射で政府が安全保障会議を招集、対応協議 (2006.7.5 読売新聞)

北朝鮮が5日未明、ミサイル3発を発射した問題で、政府は午前4時、首相官邸に対策室を設置し、情報の収集・分析を進めた。
安全保障会議を開き、対応を協議する方針だ。
安倍長官は、シーファー駐日米大使(The US ambassador to Japan, Thomas Schieffer)とも会談した。
政府は今年5月、米軍の衛星写真などにより、北朝鮮北東部の咸鏡北道・舞水端里(ムスダンリ)のテポドン発射基地周辺で、大型トレーラーによる機材の移動や部隊の活動など、テポドン2号の発射準備の兆候があることをつかみ、警戒していた。
6月になって、2段式のテポドン2号の組み立てが完了し、発射台に設置され、燃料を注入したと見られる動きも確認していた。
北朝鮮は1993年5月、ノドン(射程約1300キロ)を日本海に発射した。
1998年8月には、テポドン1号(射程約1500キロ)を発射し、1段目が日本海沖、2段目は日本本土を超えて太平洋に落下した。
*********************************************************

北朝鮮、日本のメディア6社を平壌に招待 (2006.7.4 朝鮮日報)

北朝鮮は日本人拉致被害者の横田めぐみさんの生存疑惑と関連し、日本のメディア各社を平壌に招待した。
招請した報道機関は朝日新聞、読売新聞、NHK、共同通信、TBS、日本テレビの6社で、これらのメディアは4日から8日まで平壌を訪問する予定だ。
北朝鮮が日本のメディアを招待したのは、先月29日に金英男(キム・ヨンナム)さんが記者会見を行った後も、日本でめぐみさんの死亡や遺骨に関する疑惑が収まる気配がないため、直接日本のメディアに説明するためとみられる。
北朝鮮は金英男さんへのインタビュー、めぐみさんの墓や生存当時の居住地の公開、周辺人物の証言などさまざまな手段を動員し、日本のメディアを納得させようとするものとみられる。
*********************************************************

|

« ワールドカップ決勝トーナメント進出16チーム決まる | トップページ | 新手のフィッシング詐欺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/10838220

この記事へのトラックバック一覧です: ミサイル飛んでも何かしているフリなのか:

« ワールドカップ決勝トーナメント進出16チーム決まる | トップページ | 新手のフィッシング詐欺 »