« 自らの不明を恥じる | トップページ | ライブドアパニック再び? »

2006.01.20

たまには途中下車でリフレッシュ

私は横浜に住んでいるので、京都・大阪方面に行くときには袋井にいる倉布人さんのところへ寄っていくことが多い。
このサイトの管理人は奥さんなのだが、私の場合、旦那との付き合いも長く、彼が独身の頃から実家へ遊びに行ったりしていたので、今はその延長みたいなものなのだ。
今回の京都旅行の場合は、行きではなく帰りに彼らのところに寄った。

いつものように1泊させてもらった後、翌日の新幹線で帰途につこうかと思ったが、ただ帰るだけではおもしろくない。
遠距離切符の場合、有効期限内なら途中下車ができるし、どうせ静岡で東海道線から乗り換えるなら何か旨いものでも食べていこうと思った。
もっともガイドブックも何もなかったが、確か静岡は清水魚市場が近かったような気がしたので、ここは迷わず寿司を食べてみようと、駅の観光案内所で聞いてみる。

20060116_sushi

場合によっては清水まで行ってもよかったが、アスティという駅ビルの中に「沼津魚がし」という店があるという。
あれこれ迷っても仕方ないので、店内に入って「魚がし握り」(2800円)を頼む。
茶碗蒸しと蟹汁も付いてお味の方もなかなかだったが、この値段はランチにしてはちょっと高めか。
手ごろなランチセットもあったが、旅行中だというのが少しばかり気を大きくさせる。

ランチを取った後、駅前に日帰り入浴できる温泉があれば、と思い、またもや観光案内所へ行く。
すると駿府天然温泉「天神の湯」というのがあるという。
ここで風呂へ入って、ビールを飲むのも悪くない。
しかし、その後、ふかふかのリクライニングシートで寝てしまうと、夜更かし続きの身ゆえ寝過ごすのが怖い。

できるだけ家に近づいておいた方が安全だ、というより普通はこのまま帰宅するが、今度は小田原で下車してみることにする。
熱海は過去に旅行してどんなところか知っているし、箱根は行くけど小田原は案外通過することが多かったからだ。
またもや観光案内所で聞いてみる。
今度は湯河原温泉「万葉の湯」、考えてみれば(みなくても)熱海で新幹線を降りて湯河原に行けば、いくらでも日帰り入浴可能な温泉旅館があったように思うが、そこはご愛嬌。

要は、いつもなら新幹線「のぞみ」号で一足飛びに行くようなところを「こだま」や在来線を使ったりすると新たな発見があるということだ。
たまにはそんな旅をしてみるのも悪くない。

**********************************************************
後日、このコラムを読んだ友人から小田原にはRYOという刺身がとてもおいしくて、炙り寿司もGOODな店があるという情報をいただいた。
情報提供ありがとうございます。
**********************************************************

|

« 自らの不明を恥じる | トップページ | ライブドアパニック再び? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/8254472

この記事へのトラックバック一覧です: たまには途中下車でリフレッシュ:

« 自らの不明を恥じる | トップページ | ライブドアパニック再び? »