« 新しい腕時計を買ってみた | トップページ | 国際電話をかける »

2005.10.13

呆れ果てた者たちへ

「自分の信条を曲げてまで、民意だからという一点で賛成に回られたことについては寂しい思いをした」。
民主党の前原誠司代表は11日午後、党本部で記者会見し、郵政民営化法案の衆院本会議採決で先の通常国会での反対から一転し、賛成票を投じた野田聖子元郵政相ら一部無所属議員の“転向”をこう批判した。

民主党の前原氏でなくとも、およそまともな頭を持った者なら、一部無所属議員の見境のない変節を呆れ果てて物が言えないといった感じで見るに違いない。
私は彼らが総選挙に先立って小泉首相が造反議員のすべての選挙区に対抗馬(彼やマスコミは刺客と言ったが)を立てることを宣言し、それに対する一部の造反議員が新党結成に動いたときに、同調するような覚悟を決めなかったときからこうなる気がしていた。
要するに、これほど厳しい状況に追い詰められながら「窮鼠猫を噛む」どころか、「純ちゃん(自民党ちゃん)、私を捨てないで」というおぞましいばかりの醜態を晒して、泣き叫んでいるようにしか私には見えない。

まずは首相指名投票だ。
ここで、すでに女々しい者たちは小泉首相に投票している。
小泉首相が来年で任期切れになり、その後の首相や党執行部が優しく「○○ちゃん、戻っておいでよ」と言うのを待つためにここで恩を売っておこうというのだろう。
自分たちを切り捨てた人間を支持するなんておよそまともな感性ではない。
そこまでして媚売りたかったのか!

そして郵政民営化法案だ。
今までの自民党の歴史から言っても「国民新党・日本・無所属の会」を結成した綿貫グループのメンバーがほとぼりが冷めた頃に自民党に復党する可能性は大いにある。
しかし、選挙期間中に郵政民営化反対を言って当選した無所属議員の醜態は何だ。
こと首相指名と郵政法案に関しては筋を通すのが有権者に対する仁義であろうが。
綿貫民輔氏の言う、「(通常国会提出のものと)同じ法案であり、反対が当然だ。」や、亀井久興氏の「反対の主張に票を投じた方々の気持ちを大切にした。」が当たり前の行動だ。
「地方の郵便局ネットワークが維持できると判断した。」?
通常国会の時は同じ法案で審議時間も特別国会よりあったのにそう判断できなかったのか?
笑わせるな!

お前らが当選した選挙区は地方の郡部、いわゆる郵政民営化によって郵便局がなくなるかもしれない、という危機感のあったところだろう。
何が民意だ。何が地元の意向だ。
お前らに投票した有権者の民意は、「小泉首相の暴走に歯止めをかけろ、郵政民営化法案を見直せ」ということだろう。
それを舌の根も乾かぬうちに裏切ってどうするつもりだ。
お前らが立候補しなければ、ほかの議員が当選していたのだ。
大臣にもう1回なりたいのか?
与党にいれば余禄があるからいいのか?
そんなレベルではオバカとか言われている杉村太蔵氏(南関東比例ブロックで、本当にフロックで最下位当選した)や名義貸しで当選した武部勤幹事長の縁者より酷いではないか。
お前らははっきり言って人間のクズだ。
だから新聞では野田聖子議員のことしか大きく報道されなかったが、ここには全員を掲載した。
選挙区もだ。
一生、お前らのやった醜悪な行動を記録するためだ。

この際だからはっきり言う。
特別国会で郵政民営化法案に賛成した「無所属議員」はさっさと議員を辞めろ!
お前らに投票した有権者に無礼であろう。
同じ法案に今賛成するなら最初から賛成すべきだろうが・・・
ついでに同じような行動を取ろうとしている自民党の参議院議員もだ。
そうすれば永田町も少しはすっきりするだろう。

*********************************************************
通常国会で郵政民営化法案に反対した前自民党衆議院議員のうち、9月11日の総選挙において(無所属等で)当選した者の今回の法案の賛否の内訳とコメント (2005.10.12 日経新聞)

選挙区 議員名(当選回数) 賛否 コメント 首相指名投票

秋田2区 野呂田芳成(8) 欠席 法案は反対だが、反対しないで欲しいという支持者の強い声があった。 綿貫民輔

山梨2区 堀内光雄(10) 賛成 明確になった民意に従った。地元の意向もあった。 小泉純一郎

山梨3区 保坂武(3) 賛成 支持者の声や山梨県連の要請もあった。今後を注視したい。 小泉純一郎

岐阜1区 野田聖子(5) 賛成 衆院選の結果、郵政民営化の実現を唯一の争点とした自民党候補が大量当選を果たした。法案が完璧でなくても、民営化のスピードを上げろという国民の声と理解した。 小泉純一郎

岐阜5区 古屋圭司(6) 賛成 選挙結果を厳しく受け止める。 小泉純一郎

富山3区 綿貫民輔(13)(国民新党) 反対 (通常国会提出のものと)同じ法案であり、反対が当然だ。 綿貫民輔

奈良2区 滝実(4) (新党日本) 反対 官から民へ資金は流れず、経済混乱要因になる危険性がある。 綿貫民輔

岡山1区 平沼赳夫(9) 反対 豹変して賛成に転じることは支持者に申し訳ない。 小泉純一郎

広島6区 亀井静香(10)(国民新党) 反対 近代社会に戦国時代が現れた。このままでは民主的な日本がなくなる。 綿貫民輔

島根3区 亀井久興(5)(国民新党) 反対 反対の主張に票を投じた方々の気持ちを大切にした。 綿貫民輔

徳島2区 山口俊一(6) 賛成 選挙結果もあり、地元の話も聞いて現実的に対応した。 小泉純一郎

福岡11区 武田良太(2) 賛成 地方の郵便局ネットワークが維持できると判断した。 小泉純一郎

佐賀2区 今村雅弘(4) 賛成 (民意尊重の)考え方は従来と同じだ。 小泉純一郎

佐賀3区 保利耕輔(10) 賛成 選挙結果、全会一致での党内手続きなど総合的に判断した。 小泉純一郎

宮崎2区 江藤拓(2) 賛成 地元には政権にいて欲しいという声が強い。 小泉純一郎

宮崎3区 古川禎久(2) 賛成 選挙で国民の声が示された。従わないといけない。 小泉純一郎

鹿児島5区 森山裕(2) 賛成 選挙結果と首相の所信表明など総合的に判断した。 小泉純一郎
*********************************************************

|

« 新しい腕時計を買ってみた | トップページ | 国際電話をかける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82450/6388368

この記事へのトラックバック一覧です: 呆れ果てた者たちへ:

« 新しい腕時計を買ってみた | トップページ | 国際電話をかける »